サッカーW杯アジア最終予選 vsオーストラリア

最終予選も大詰め。ホームのオーストラリア戦。昨日サウジアラビアが負けたことで、状況が変わる。日本は残り2戦のどちらか勝てば決定。オーストラリアも負けても次戦で決められる可能性が出てきた。どちらも必勝の構え、というのが弱まった。先発はコンディションになんのあると見た選手を双方が避けてのメンバー構成。日本はここにきて思い切った前の選手の組み合わせ。もし決められなかったときに、アウエーで直接争う相手のサウジ戦にベストメンバーをコンディション良く残したかったのか。オーストラリアも引き分けられれば、という構えかもしれない。

試合は、オーストラリアがここの所やっている形、つなぐサッカーにこだわったので、日本の苦手な体格を利してのハイボールとこぼれ球を激しく拾いに行って力ずくで押していくプレーを封印していたので、ところどころ、連係ミスなんかで危なかったりもったいなかったりする場面はあるものの落ち着いた試合進行で前半、後半1点ずつ取って2-0の勝ち。W杯行きを決めて最終戦は消化試合にできた。
まー、この厳しいところで、このメンバーで行ける監督の度胸もすごいなと思ったり、最悪のケースの備えてベストメンバーの消耗を避けたのだったら、とても慎重な策だったのかな、と思ったり。話題がなさすぎるせいか、マスコミはやたらと監督解任の可能性を煽っていたが、初戦つまづいた以外は、そこそこ順調に来ていたので、サッカーのスタイルに協会が不満があるなんて贅沢な話でない限りはありえないと思ってたが。これまでも、監督交代には慎重で辛抱強いのが日本のサッカー協会という印象があるので、これで、まずこのままいくんじゃないだろうか。

サッカーW杯アジア最終予選vsイラク

すでに敗退の決まっている、国内事情で第3国開催の予選だが、グラウンドコンディション、酷暑の時間帯の試合。CKから先制したものの、攻められる展開が続く。毎度のことなのだが、普段良いグラウンドでやっている癖が出て、余計な一手間で却ってボールが思ったように動かずにミスになる。これは、グラウンドコンディションを頭に入れていても、癖になっていることでどうしようもないのか。消耗戦になってきて、強引に押してきた相手に、GKの出が微妙に遅れているところで、クリアに切り替えられず、ガチャガチャポン、と同点にされる。交代は負傷によるものが2つと、状況的には引き分けでも悪くはないリーグの状況とはいえ、イマイチだなぁ。

男子サッカーキリンチャレンジカップvsシリア

W杯最終予選の試合前の練習試合。ホームでやって1-1の引き分け。個人個人、時間帯によってよく見えたところもあったものの、全体にわたってシリアがいいプレーをしていてやられた感のある試合。さて、これで本番の試合はどうするか。香川選手はプレーできるかわからないケガしたようだし。どういうメンバーで行くんだろう。

男子サッカーW杯アジア最終予選 vsタイ

今日はホームのタイ戦。前の試合でけが人が続出で、メンバーは入れ替わり。フォーメーションも変わった。リーグ下位に得失点差を稼ぎたい試合。しかし、この試合で負けたら予選落ち確定のタイは、積極的にプレスをかけて前に、前にとくる。その圧力に押され、凡ミスの山。決めるところを決めていき、点差を広げてもタイの前への勢いは止まらず、試合としては常にバタついて危ないシーンの連続。結局4-0で勝つものの、PKを与えたり、前の試合からいい流れは続かず。休まず前に出続けたタイをほめるところなのか、それをまともに食らいつづけてしまったことを批判されるべきなのか。

男子サッカーW杯最終予選 vs UAE

生中継でみようかとも思ったが、深夜になるので録画して、帰宅してから夜に見た。結果が分かっているので、ハラハラ、ドキドキはなし。相手も強いので、危ない場面もあったけれど、ほぼ、意図したところはできたのだろう、という試合で、2−0勝利。アウエーというところで、直近の調子や経験や、いろいろ考慮しての舵取りは難しいのだろうが、上手く乗り切った感じか。

男子サッカーW杯アジア最終予選vsサウジアラビア

最終予選も折り返しの試合。勝たないと状況がいよいよ厳しくなるという試合。ホームでもあり、勝利のプレッシャーの強い中、メンバーは前の親善試合でよかった最近出ていなかった選手が先発に。はじめはいいペースで入るが点が取れないまま、20分過ぎあたりからサウジにチャンスが出てくる。PKを取って先制するものの前半は1-0。後半、交代はこれまでの主力が出てくる展開。2-0にしたものの、終了間際に1失点。NHK-BSの解説で、2点差なら得失点差で順位が上に行くことばかり気にしていたので、ややがっかり感が。選手たちは交代の仕方を見ても終盤、2点差以上にはそんなにこだわっていないように見えたが。ただ、これから大きく選手起用が変わっていくかなぁ。

サッカーW杯アジア最終予選 vsオーストラリア

今日はアウエーでのオーストラリア戦。強いチーム相手のアウエーは引き分けでまぁよし、というところだが、すでに一つホーム戦を落としているので強い相手のアウエーも勝ちたいところ。前半は1-0でリード。後半PKを与えて追いつかれ、引き分け。点を取った原口選手がPKの反則も与えてしまった。アグレッシブなプレーが持ち味ではあるが、ペナルティエリアではもう少し慎重さがないと。。。本田選手は動きが重いのが続いている。ワントップで出ていたが、FWのプレーをするには、大柄なオーストラリアDF相手ではやや厳しい。前の試合で勢いに乗るかと思ったが、まだまだ厳しい。

男子サッカーW杯アジア最終予選 vsイラク

今日は3試合目、ホームのイラク戦。前半1-0とリードしたところから後半追い付かれる。地力のあるチーム相手の試合は厳しい展開になるが、終盤は相手が防戦一方になっていく。時間稼ぎも始まって、手詰まり感が出る中、これまで、このような試合をロスタイムの得点などで突破してきたのがこれまでのW杯に出たチーム。このチームにその力はあるのだろうか?と思いつつ見ていた。最後になりふり構わないパワープレーをやり始め、一転もぎ取って勝ち。このチームも厳しい試合を勝つ力があるところを見せてくれた。これから、チームが上向いていくことを期待したい。

男子サッカーW杯アジア最終予選 vsタイ

引き続き今日はアウエーでタイ戦。ホームでUAEに負けたので、グループ内で地力としては一番下とみられるチームに取りこぼしはできない。
結果は2-0で勝ち。しかし圧倒的に攻めながら、いつもの通り、ゴールの外し方コンテスト。5-0でも良かったくらい。雨の試合で、後半明らかにへばっているのが見える中、ホームのタイが前に人数かけてボールを奪いに来ているのに、ゴールに近いところでボール回しして危ない場面を作ったり、相手を下に見すぎてのミスも多く、前途多難な感じ。しかし、香川選手は代表では輝けないなぁ。日本代表チームでは、相手チームと調子を見て使う選手で、主軸にはできないタイプなのかもしれない。

男子サッカーW杯最終予選 vsUAE

最終予選が始まって、ホームで初戦。1-2で逆転負け。報道では相手は合宿張って準備十分で来ているとか。日本はヨーロッパでプレーする選手が増えた影響で最近は代表は短期間の準備しかできない。
今日の試合は押していても、ところどころ、穴、連携の悪さが出てピンチを招いていた。審判が中東の人で、どうかなー、と思ったら予想通りの中東の笛だし。これまでは、そんなことがあっても跳ね返していたけど、今のチームにはそういった強さが見えないのが心配なところ。誰か、チームの雰囲気を一新するような新しい選手を見つけ出さないといけないタイミングかも。

より以前の記事一覧

Jubai 1-1