« サッカーW杯アジア最終予選vsイラク | トップページ

サッカーW杯アジア最終予選 vsオーストラリア

最終予選も大詰め。ホームのオーストラリア戦。昨日サウジアラビアが負けたことで、状況が変わる。日本は残り2戦のどちらか勝てば決定。オーストラリアも負けても次戦で決められる可能性が出てきた。どちらも必勝の構え、というのが弱まった。先発はコンディションになんのあると見た選手を双方が避けてのメンバー構成。日本はここにきて思い切った前の選手の組み合わせ。もし決められなかったときに、アウエーで直接争う相手のサウジ戦にベストメンバーをコンディション良く残したかったのか。オーストラリアも引き分けられれば、という構えかもしれない。

試合は、オーストラリアがここの所やっている形、つなぐサッカーにこだわったので、日本の苦手な体格を利してのハイボールとこぼれ球を激しく拾いに行って力ずくで押していくプレーを封印していたので、ところどころ、連係ミスなんかで危なかったりもったいなかったりする場面はあるものの落ち着いた試合進行で前半、後半1点ずつ取って2-0の勝ち。W杯行きを決めて最終戦は消化試合にできた。
まー、この厳しいところで、このメンバーで行ける監督の度胸もすごいなと思ったり、最悪のケースの備えてベストメンバーの消耗を避けたのだったら、とても慎重な策だったのかな、と思ったり。話題がなさすぎるせいか、マスコミはやたらと監督解任の可能性を煽っていたが、初戦つまづいた以外は、そこそこ順調に来ていたので、サッカーのスタイルに協会が不満があるなんて贅沢な話でない限りはありえないと思ってたが。これまでも、監督交代には慎重で辛抱強いのが日本のサッカー協会という印象があるので、これで、まずこのままいくんじゃないだろうか。

« サッカーW杯アジア最終予選vsイラク | トップページ

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカーW杯アジア最終予選vsイラク | トップページ

Jubai 1-1