« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

サッカー 東アジア杯 男子vs中国

今日の男子で、この大会は終わり。結果は1−1の引き分け。男子も女子も低調な結果に終わった。今日の試合の程度の中国だったら、3点くらいとって勝たなくては。。。永井選手は交代間際になってやっと良さが出た感じだが、ほとんどダメだったし。守備も、1戦目よりは良くなったものの、不安定。槙野選手は4バックのCBにはやや線が細い感があるんだなぁ。3試合の中で、相手の戦術にはまってしまう試合が一つはあったとしても、3試合勝てないというのは、、、本当に、海外組が呼べる時に、このメンバーから半分が試合に出るのだろうか。。。

サッカー東アジア杯 女子vs中国

この大会も女子はこれで終わり。前2試合で、もう一度見たいという組み合わせのメンバーなのか、1つは勝ちたい、というメンバーなのか。2−0で勝ったけれど、暑さで先に中国がへばったのと、1点目は、GKが負傷で動きが鈍っていたこともあった感じ。女子も決定力のある新戦力、というのは見つからずか。なんとか、このメンバーでも形になってきてはいたが、サイドバックが深くまでえぐる、というのがほとんどないのが、W杯メンバーとの大きな違いだったかな。いつもそうなのだが、後ろからの組み立ての時に、このままでは詰まるな、というところで詰まる方向にパスを出したり、すぐボールを離せば、良いのに持ってしまって、選択肢がなくなってしまう場面がしばしば。これは、頭の中の準備の問題なので、もったいない。

サッカー東アジア杯 男子vs韓国

昨日の女子に続いて男子。男子は昨日の女子ほどは変更はなかったが、先発は5人ほど入れ替わった。韓国は平均身長が5センチ高いメンバー。前半は韓国がボールを回す時間が長く、押されて進む。ハンドからPKで先制されるが、追いつき、後半は、いい時間帯もあっての引き分け。前の試合から修正はされたようだが、ここでもう一点取れる誰かを探しているんだと思うのだが、、、いないなぁ。

サッカー東アジア杯 女子vs韓国

前の試合から9人入れ替えた先発でスタート。残した二人は結構頑張っていた感じ。全体に狙ったサッカーはできていた感じだったが、パスミスと終了間際のゴール前でのファウルからFKを決められ1−2で負け。やはり、追加点のチャンスを決めないと、守備が安定しているとは言えない中では試合は勝ちきれない。交代で入った横山選手は勢い込みすぎで、無謀に突っ込みすぎ、逆効果だったかなぁ。さて、このシリーズの最終戦、3試合目はどういう先発メンバーにするのかね。

サッカー 東アジア杯 男子vs北朝鮮

1−2の逆転負け。良かったのは前半、点を取ったところあたりまで。その後はビッグチャンスを外し続け、北朝鮮がハイボール攻撃からペースをつかむと、へばってきた後半はパスも回されまくり、格下に見える試合展開へ。最後は耐えきれずに失点し、負け。いいところを見せた選手もいくらか居たけれど、この国内組から、かなりの選手が主力になると期待されているのなら、女子よりむしろ前途多難。

サッカー東アジア杯 女子 vs北朝鮮

2−4の負け。今回は、これまでのレギュラークラスが一人もいない思い切ったチーム編成で、新しいメンバーのアピールのための試合のようになっているが、そのネガな部分が思い切り出た。守備に安定感がなく、最後は腰が引けた守りで相手のエースに試合を決められた。慌てて無理なスライディング、強引に体を前に入れようとして、PKやら余計に危険な状況を作ってしまう。もう一つ苦しくても、走って付いて行って守れる、粘り強さがないとなぁ。あのバタつきを見ると、一人二人、先発クラスを連れて来ておいたほうがよかったかな、と思う。ま、それをやってしまうと、試合に出る選手の枠を一つ食ってしまうので、思い切ったのだろうけど。使えるレベルの選手を作るための産みの苦しみを経ないといけないのかねぇ。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

Jubai 1-1