« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

女子サッカーW杯 準々決勝vsオーストラリア

今日は朝5時キックオフ。早起きして見ました。そのおかげで昼間眠く、昼寝してしまい、調子が変です。オーストラリアがアグレッシブに来るというより、引き気味に受けてきたので、全体的に日本側が押し気味な試合になって、チャンスがありつつも決められなかったのが、後半にCK崩れの混戦から得点して1−0の勝ち。W杯の決勝トーナメントになって調子が上がってくる、強豪のような勝ち進みは戸惑いさえ感じるほど。決勝トーナメントは2試合連続で同じスタメン。ここにきて、これがファーストチョイス、というものが決まってきた感じ。岩渕選手も、大会前の怪我で連れて行って回復が間に合うのか、という懸念があったものの、間に合うと踏んだスタッフの見立てが正しかったことを証明して見せてくれた。宇津木選手は、今年に入ってチームの中で存在感が大きくなってきていたが、澤選手をついにベンチに追いやった感がある。まー、でも、この先はさらにどこが勝ってもおかしくない4チームの争いになる。前回W杯、五輪と続いて、結果を出し続けているのはすごいなぁ。

女子サッカーW杯決勝トーナメント vsオランダ

昨日から決勝トーナメント。昼間なので、録画して、昨日前半、今日後半を見ました。結果を知っているということもあり、それなりに落ち着いて見てましたが。プレーが落ち着いてきてチームが仕上がってきた感じはしてきました。人工芝でグラウンダーのパスが最後のところで伸びずに止まる感じが気持ち悪いけど、転がりの特性にも慣れてきたようで。
澤選手の使い方はメディアの煽りとは関係なく、今後もこんな感じだろうか。次は相手によって変えるポジションがあったら、どこだろう。

女子サッカーW杯予選リーグ3試合目vsエクアドル

前の2試合で大量失点している相手に、特にDFの主力を休ませての試合。序盤に取った一点のみの1−0勝利。途中からは”行けるかも”と相手に思わせてしまったのか、多少危ない場面も出てくる。特に後半はパスが甘い、雑に見える場面も多く、攻撃陣は主力が多かったのに、決めきれなかった。男子同様、得点力が問題になってきてしまった感じ。
とはいえ、3連勝で一位通過で決勝トーナメントは1週間後。その後は試合は等間隔になるようだ。1試合目への準備の時間はあるけれど、勝ち進むときつくなってくるか?

男子サッカーW杯アジア2次予選 vsシンガポール

日本にとっての予選の1試合目。ホームでの試合も、ガチガチに守る相手を崩せず、0−0、スコアレスドロー。この手の試合でよく見るパターン。強い国に勝つことを考えていると、この辺の戦い方が疎かになるという、アジアの難しさを監督も思い知ったのではないだろうか。ストロングポイントのうちどれか一つに狙いを定めて攻め続ければいいのに、あれがダメだからこれ、とやっていくうちに、どうしようか、手がなくなってしまったかのように、パスの出しどころを呆然と探している。選手を変えてフレッシュにしたところで、ガチガチに引かれているから、走るスペースはない。変えた選手が誰も効いているように見えなかった。次間が空くので、考え直して欲しいところだ。

女子サッカーW杯 リーグ戦2試合目。

今日はvsカメルーン。土曜の昼なので普通のテレビ観戦。メンバーは思ったよりも大きく変えてきた。左サイドは、事前の親善試合で少し試した組み合わせでスタート。GKもスピードで突破された時の飛び出しを意識したのかな、という変更。序盤にいい攻撃から2点取れたところまでは良かったが。後半は、放送の途中でカメルーンが後半の得点の多いチームと紹介されていたように攻められる。後半のポジションチェンジ、選手交代で、受けに回ってしまった感もあった。でも、縦に早く行くけれど、単独の突破が多く、中央へ切り返すことを防げている間はそんなに怖くはなかったけれど、終わり間際には決定的な場面を作られ出す。それでもなんとか逃げ切り2−1で勝ち。人工芝は後半へばるのか?さて、次の試合は多少余裕を持ったテストとコンディションを見ての選手起用になるのかな。

男子サッカーA代表 親善試合vsイラク

男子の方は、W杯予選開始前のテストの試合。ホームだし、普通に4−0の勝ち。イラクは本番の試合では、もっと激しい印象があるので、お互い予選前で怪我は避けよう的な意識でもあったか。かなり、縦に早く、というプレーが増えた感じ。

サッカー女子W杯 1試合目

サッカー女子W杯が始まって今日は日本の一試合目。昼間はネットニュースのテキストベースでみて、結果を知った状態で夜のNHK-BSの録画中継を見る。生で見ていたらはらはらしたかもだけど、落ち着いてみると、それほど決定的にやられた場面があったわけではなかった。試合終了間際のは危なかったが。PKはGKもボールに行っていたし、厳しかった感じもある。その一点だけというのは、ここのところの、得点不足傾向はそのまま。何度もいい裏への抜け出しがあって、コンビがあっていた安藤選手がこのプレーで居なくなってしまったのは、痛かったか。澤選手は体調コントロールのためか、後半10分ちょっとで交代。メンバーは、両サイドバックとGKが前回から変わっただけかも。サイドバックもこの4年の間にはよく出ていた選手だし、GKも、最近はいつもローテーションしてたから、大抜擢というほどでもないか。使うとは思わなかったが。GKは相手を見て決めるらしい話があって、今日は山根選手。これまで代表で見た中では一番よかったかも。それでも、危ないキャッチミスがあったけど。何はともあれ、勝って、次もグループ内で強敵なようなので、大きなターンオーバーはなく行くのかな。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

Jubai 1-1