« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

男子サッカーA代表親善試合vsチュニジア

今日は監督が変わっての最初の試合。先発はずいぶん違うメンバーで入って、後半になって、見慣れたメンバーが増えていく、という交代。体調面も考慮してのことかもしれないが、次のW杯を見据えて、世代交代を進めていかないと。次のW杯本番で30代中盤になるような選手はフルに使うのは難しくなるのだから。
結果は2−0の勝ち。といっても、昔のメンバーが入ってきてから、遠くから来た相手のチームが疲れてきてからの点だから、どこまで正直に評価していいかは謎。とりあえずは、無難にスタートを切った、といったところか。

CROSBY STILLS & NASH 2015 JAPAN TOUR

3月12日は月曜に引き続きライブに。今度はCS&N。月曜に会場で売っていたチケットを購入。高いので変な席に当たるとなぁ、と思って躊躇していたのが席が選べたので。名古屋市公会堂。月曜の最新のコンサートホールから今日は古い建物。昔の曲から新しい曲までのライブ。今日も2部構成で中間に20分くらいの休みを入れての7時から10時。最初の方では歌いにくそうにしていたスティーブンティルズも、最後の方は調子よく歌っていました。爺さんたち元気でした。前回が1996年とのことで、見れてよかったかな。

男子サッカー五輪代表&女子サッカーアルガルベ杯

今日は代表選が連続で2試合。男子は五輪1次予選前の親善試合、ミャンマー戦。女子はアルガルベ杯の最終戦、9位決定戦のアイスランド戦。ミャンマー戦は相手GKのイマイチなプレーにも助けられ、大勝。1次予選の相手が東南アジアの国ということから考えての相手の選択だとは思うが。相手のプレーが低調すぎたかな。アルガルベ杯もできれば、もう少し上のランクのチーム相手に試してみたいことがあったのではないか、という感じ。でも、この試合でもあったが、前が詰まって、戻すパスのタイミングは、もう、どこのチームも日本相手の時は狙っている、と思ったほうがよく、漫然と戻すとピンチを招くと、常に意識して欲しい。また、アナウンサーが同じで、うんざりしたので、検索してしまったw。同じように感じる人を多く見つけられて、安心w。スタイルの好き嫌いは別として、間違い、トンチンカンなコメントが多すぎるんだよなぁ。色々調べた知識が空回りしているし。ベテランらしいから、経験積んでこれなら、向いてない。テレビ局が配置変えないと。

ジャクソン ・ブラウン 日本ツアー

ジャクソン・ブラウンのライブに行ってきました。愛知県芸術劇場大ホール。この会場は初めての場所でした。1階2階席は埋まっていたけれど、上の方の階は空いているところが結構あるように見えました。7時開演の、中休みの入る2部構成で、10時まで。途中声がかかっての演目変更とか、いつものような臨機応変なところも見せ、セットリストにない曲をやろう、って始めたのもひとつあったり。客の年齢層が高いので、立ち上がったのは、アンコール前の曲からでしたw

女子サッカー 代表戦 アルガルベ杯 vsフランス

結果は1−3の負け。色々あるのだろうが、集中力を欠いていると思われる不注意ミスが多く散見されるのが気になった。前半は1−0だったけれど。メンバーは、前2戦を受けてのミックスのようだったが、どうだろう。ポジティブに見えたのは、菅澤選手が結構相手を背負ってボールキープするプレーが良い形につながる場面がいくつかあったことくらいかな。しかし、交代選手の多い親善試合フォーマットの大会で、負けられないとか、そんなことばかり言いまくる実況はどうにかならんかね。相手も100%勝負では来てないわけだし。TV的には煽って視聴率キープしたいのだろうけど、過剰なのはね。

女子サッカー代表戦 アルガルベ杯vsポルトガル

2試合目のポルトガル戦のメンバーは完全ターンオーバー。相手の体格も、ランキングもぐっと落ちるので(といってもサイズは日本より大きい相手)、直接比較はできないが、初めから、選手がきちんと動いていた。とはいえ、連携、タイミングが合っていないようなミスは多い。前半1−0から最後は3−0で勝ち。交代は3人。宇津木、阪口のボランチで宮間を攻撃的MFに上げた形を試してみたいかなぁ。なんにしろ、この感じでは、パワーとスピードを前面に出して来られると難しい感があるんだなぁ。今のまわりのレベルでは、以前のようにパスでかわしきれなくなってきている。
しかし、アナウンサーがトンチンカンなんで、どうにかしてほしい。

女子サッカーA代表 アルガルベ杯vsデンマーク

アルガルベカップ、初戦のデンマーク戦。メンバーは最近にはなく、4年前のメンバー(澤選手抜き)にGKだけ山根選手という構成。デンマークはパス回しのところを高い位置からプレスをかけて、縦へのスピードを活かすようなプレーを続けてくる。開始早々に守備がばたつき、失点。その後も不安定な場面が続くが、なんとか立て直して、追いつく。しかし、プレッシャーと縦へのスピードに手を焼く。グラウンドの整備具合で、パスのスピードが出ないのと所々、変にボールが跳ねるようなので、凸凹が結構あるようで、これも、パスがつながらない原因のよう。

後半も結局守備のミスから点を取られ、そのまま負け。このところ苦戦するときのパターンにはまった感じで、進歩してないなー、という印象。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

Jubai 1-1