« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

STAPの騒動も年内でき切りがついたようで。

検証実験も終わり、不正調査も終わり、あとは最終的な責任とか処分が残るだけか。今日の発表は歯切れの悪い部分もたくさんあるけれど、犯罪捜査でも、裁判でもないので、明確に言えていることと、疑わしいけれど決定的ではないものについて、調べられたことが公表された。まぁ、そうだろうな、という妥当な線に落ち着いたと思う。依然として、なんらかの遺伝子導入を伴わない方法で万能細胞化する方法がある可能性はあるのだけれど、小保方さんの方法ではできないという結論になり、論文もあれだけの人たちが周りにいて何故それがまかり通ったのか、といったレベルのものだったことが明らかになった。
実験科学では、小さい確率でこのようなことが起きる可能性はあるのだが、全く、残念なことに終わってしまった。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

Jubai 1-1