« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

男子サッカーA代表 親善試合VSオーストラリア

今日は、年内最後の代表戦。いろいろ噂は飛び交ったものの、先発は、前の試合から膝の具合の悪い内田選手が変わっただけでスタート。結局、11月の2試合はびっくりするような選手発掘のための起用はなく、時計を巻き戻したようなメンバーの名前で。まー、これだけベテランを戻せば、戦術がどうだろうと結果は安定するわけだが。2−1で、また、ケーヒルには点を取られたものの、勝。まぁ、ホームだし、といったところか。真剣モードになる年明けのアジア杯が、どうなるか、ここが本当の問題だなぁ。この2試合のメンバーベースで次のW杯までは引っ張れないと思うが、とりあえずはこれで押すのかなぁ。

男子サッカーA代表親善試合vsホンジュラス

今年の代表戦も残り少なくなり、ホンジュラス戦。ここにきて、選手は先祖返り。先発の10人はW杯であったようなメンバー。良くも悪くも、こうすると安定感は出る。結果は6−0の勝。普通は、このメンバーから始めて、入れ替えていく、というステップを踏んでチームを変えていくんだろうけど。どうするんだろう。このメンバーじゃ、次のW杯には超高齢チームになってしまうし、安定していても、未来は見えないんだよね。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

Jubai 1-1