« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

今年の野球は終わりか。

ワールドシリーズも日本シリーズも終了。今年の日本シリーズはチラチラ見ていたけど。今日のは、地上波、アナウンサーひどかった。終盤、サファテが大乱調で、日本一が決まるところの緊張感を佐々木さんに話を振るべきなのに延々うっすーい話を話し続け肝心な話を引き出せず。下手くそにもほどがある。最後も競技として野球をやったことのない草野球程度の人間には守備妨害のルール上の基準がわからないのに、解説してもらうことができない。後で、NHK-BSでやってたのを知って、失敗した、と思った。いいところをあんなにイライラして見る羽目に陥る必要なかったのに。

男子サッカーA代表 強化試合vsブラジル

今日は、シンガポールに移動してのブラジル戦。ブラジルは前の試合を中国でやった後、日本ではなく、この辺りを希望したのと、日本はW杯予選のスケジュールの練習でそれを受け入れて、ということらしい。北京からのただの移動なら日本の方が近そうだけど。この後、ヨーロッパ方面に帰る選手達のためかなぁ。試合は、ブラジルが余裕を持ったように見えるまま先制され、後半には突き放されの4−0負け。2点目はオフサイドだとは思うけれど、まー、軽くひねられた感じ。日本は前の試合から、かなり選手を入れ替えた先発で、色々テストできたんだろうか。結構これまであまり呼ばれていなかった27歳前後の選手がいるんだけど、この辺の選手は代表として、それなりの結果を出すだけ定着できるかのラストチャンスかな。

男子サッカーA代表 親善試合vsジャマイカ

ヨーロッパではユーロ予選が行われている日程で、親善試合。国内でのジャマイカ戦。フランスW杯で負けたのは随分昔の話になってしまった。試合は1−0の勝ち。結構圧倒的に攻め続けていたが、決定力を欠き、オウンゴールの1点のみ。選手の若返りは進めて行けそうだが、相変わらずの決定力のなさ。

学位・ノーベル賞

昨日は小保方さんの学位に関する早稲田の記者会見の話題を追っていたら、夕方になってノーベル賞の話が。
小保方さんの学位の話は、まぁ、そんなところかなー、とは思うが、学外副査の責任とか、小保方さんの学位論文の内容の英語の原著論文がまた、データの改ざん疑惑で、図に出していた写真を取り下げて、こっちが正しい、という差し替えの図を出していないと言う。(こういう場合取り下げるのが普通。査読を通った時の形から大きき変わるので、査読をやった意味が無くなるから)この状況で書き直せるのかなぁ。元となってる論文のその状況を指摘して、即学位取り消しでも良い状況があると思うんだが。

ノーベル賞、赤崎、天野両氏の方は、素直におめでとうなんだが、中村氏はなんなんだろうなぁ。彼の触れ回っている話と、日亜側の話は随分異なる。そのまま真に受けない方が良いんだろうが、一方的な言い分がまた流されるというのもいかがなものか。あのキャラクターは、日本よりアメリカの方が適していると思うので、向こうの環境でハッピーなのだろう。彼の日本批判を、そのまま取らない方が良いだろう。国籍の話もなー、日本の国籍の扱いは、他国の国籍を取る=日本国籍を失う(=捨てる)になるので、捨ててないと本人が言ったところでなぁ。アメリカの暮らしが快適なので、一生アメリカで暮らすつもりで国籍取った、ということで良いんじゃないかと思うのだが。研究費の都合でアメリカ市民権取っただけで、日本国籍を捨てた訳ではないって詭弁だな。むしろそういう理由で国籍帰るってどうなの、と思うなぁ。

アジア大会 サッカー女子決勝

決勝は北朝鮮戦。はじめて、あるいは最初の中国以来同レベルの相手の試合。結果は1−3で負け。やっぱり、ヨーロッパに行っている選手無しでは、ダメなのか、と言った内容。試された若い選手が、北朝鮮の選手の気迫に押されて、厳しい場面でミスを出す。GK海堀選手も、最近一番手でないのがわかるプレーぶり。怪我をして出られない選手がいるために、交代枠も一つ使っただけ。誰が、使える目処が立ったのかなぁ。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

Jubai 1-1