« 調査委員を引き受けるのも。。。 | トップページ | 女子サッカーアジア杯1次リーグ vsオーストラリア »

STAP再審査せずで

久しぶりにまた、STAPのニュースが来て。
すごいノートでした。弁護士が書き出した、ってのはホントにそのページに書いてある全てなんだろうか。あれは、今日やる実験を書き出したメモにしか見えない。実際のノートは別にあるんでしょ?と聞きたくなるもの。実際に別の実験の手順やデータがもっときちんと書いたものが無いと、実験自体がキチンとできないはずなんだが。弁護士が書き写す時に大事な情報がわからずに勝手に編集してないのかな。

理研のプレスリリースも読んでみて、記者会見も見ていました。理研はあの二点で、取り下げと解雇に、もう十分で、それ以上は時間の無駄と見てるのかなぁ、という感じ。ただ、最初の演出を派手にやったため、ここまで騒動が大きくなってしまい、もう、Natureの2報は全て点検せざるを得ないのでは、と思う。ノートと突き合わせてやったら、どうなるんだろうか。どれだけのデータの根拠が判別できるのやら。しかし、今回の説明は細かくて、なんで、前回と違うのか、精査し直したのか問われた時の答えがきつかった。他の研究不正の報告書と同様な出し方で、学問の世界の人なら、あれでわかるはずと考えていたら通じなかったので、細かく書きました、と。前回と今回の間に新たにわかった事としては、最初のrejectされたNature投稿の後、Cell, Scienceにも投稿していて、Scienceの査読で、ゲル画像の合成について指摘を受けていたという事。改ざんの方は知っていてやっていたと考えるのが適当だろう、という状況が。つまり、聞き取りに嘘をついた可能性がある。査読の指摘を読まないって、あり得ないから。他にも、厳しい指摘が多く、あの説明を読んで、まだ、ごちゃごちゃ言うのかな。

あの弁護士も、やってることが、普通の不当解雇などへの弁護の手法なのかな、と思う。研究者相手の話は、きちんとしたデータさえ出せば、みんな納得するし、簡単に収束するんだけど。かわいそう、みたいな世論を煽る必要はない。主張を裏付けるきちんとしたデータを示すことが全てで、それでも文句を言うような人は居ないのが科学の世界なんだけど。その方向の努力が見えないんだなぁ。

« 調査委員を引き受けるのも。。。 | トップページ | 女子サッカーアジア杯1次リーグ vsオーストラリア »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 調査委員を引き受けるのも。。。 | トップページ | 女子サッカーアジア杯1次リーグ vsオーストラリア »

Jubai 1-1