« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

男子サッカーA代表親善試合vsキプロス

今日はW杯前、国内合宿終わりで、海外へ調整の場を移す前の国内での親善試合で、壮行試合と銘打っての試合。結果は1−0の勝ち。怪我明けの選手は予定通りの様に半分づつの出場。キプロスはW杯には出ないので、次のユーロ予選に向けてのチームを作っているところ、ということで元気のいい間は結構良かったが、特に後半には疲れてしまって、日本が攻め続けていたけど、ゴールラッシュとは行かず。体調はここに合わせてきた訳ではないとは言え、やや、寂しい。これから本番まで、2試合調整試合があるのできちんと仕上げられるといいけど。

女子サッカー・アジア杯決勝

リーグ戦初戦で苦戦したオーストラリアとの再戦となった決勝戦。先発はフォーメーションは変わったものの、準決勝と同じ。やはり今回のメンバーでは、これが一番信頼できると言ったところか。3人交代はあったが、澤選手がまた早いタイミングで予定されていたかのような交代。前線は大儀見選手が居ないと決定力がかなり落ちる感はどうしようもないところかもしれないが、脅かす勢いを見せる選手に出てきて欲しかったところだが。結局、CKからの1点で、1−0で優勝できて、良かったなぁ。オーストラリアは前回と同様、スピードとパワーで押しにきたけれど、初戦よりは疲れていた感じもあり、日本も今日は前回の様にはやらせないように守っていた。これからは、女子はW杯本番に向けての準備かな。若手が、もっと伸びてきて欲しいかな。

サッカー女子アジア杯準決勝

今日はvs中国。先発は、結局今居るメンバーだとこうなるのね、といった感じに。川澄選手のFWがちょっと意外だっただけ。今居る中でポジションごとに一番経験のある方から並べたかなぁ。しかし、中国の7番がスピードがあって、前半ピンチを作られて、後半からポジション修正。澤選手は得点の場面は名人芸だったが、他の場面はどうだったかなぁ。体調面もあるのか最初に交代。結局、押している場面で、決定的な場面を決めきれなかったのが祟り、PKで追いつかれ延長へ。選手交代も交代で入った選手を代えるチグハグ。審判も二枚目のイエローで退場にし忘れて、その混乱のおかげもあったか、アディショナルタイムが長めになって、最後にCKから点を取れて、勝てた。もう少し決定力と、きれいに崩すことにこだわりすぎて単調になる癖がなんとかならないかなぁ。

美味しんぼの騒動に思った事

ここ数週間の美味しんぼの騒動を見ていた。私自身は、この漫画はあまり読んではいない。しかし、これまでの生活の中で、ビッグコミックスピリッツは買っていた時期もあるし、食堂などに置いてあるのを読むこともあったので、それなりに読んだこともある。テレビアニメ化や、実写での映像化もされていたはずで、全国のコンビニ、書店に行きわたっている漫画誌に長く続いていることとあわせて、かなりの知名度のある作品という認識が世の中にもあると思う。


端的に言えば、その作品の中で、雑な取材で(本人と編集部は綿密な取材と思っているようだが)偏った意見の表現が現実と密接にリンクして描かれて反発を食らった、という騒動だと思う。


掲載がマイナーな雑誌だったり、まだ無名の作品だったりしたら、ここまでの騒動にはならなかったかもしれないけれど、この騒動に関わる色々な話は科学技術の話を一般に理解してもらうのが難しいことを象徴している感がある。


低線量の被ばくで起きるのは、基本的には眼関係のリスクの増加のみ。身体的な症状が出ていて、それが被ばくによるのならかなりの量の被ばくをしていることになり、きちんとした治療を受けるべき状態。毎日鼻血がでるんです、なんて言っている場合ではない状況のはず。


わかっていないことも多いと言うし、と言うのも良く聞いたフレーズだが、実際には言い方が逆さで、被ばくによる症状のほとんどはわかっている。放射性物質を掘り出す鉱山労働者、大気中核実験が盛んに行われた時代の実験場周辺住民の健康被害、広島、長崎の原爆による影響、原子力発電所の事故など。様々な事例で知識は集まっている。ごくまれなケースは出てくる可能性は無いとは言えないのと、がんなどは、他の要因の影響による部分も多くて、低線量被ばくの有無を判別できない領域(=気にしても無駄レベル)でのことはよくわからない、というところの話が拡大されてしまっている。

甲状腺はヨウ素を集めるメカニズムがあるので、放射性のヨウ素が濃縮されて問題を引き起こすが、鼻の奥に放射性物質を濃縮するメカニズムは無い。ならば、そこに局所的に炎症を起こすほどの放射性物質を含む粉塵にさらされた人はどうなるのか。ここを科学者は正確性を期するために、「メカニズムは知られていない」と表現する。報道や一般の人は「知られていない」に食いついて過剰反応してしまう。実際、全てがわかっているわけでは無く、絶対か?と問い詰められると言い切れないので、こう言うわけだが、現実にはそれがあるなら、すでに知られているはず、な状況なのだ。そこが、政治家や宗教家と科学者の違いなんだけど。(もっと根拠薄弱でも言い切れる人物でないと、世の中の人を率いる立場の人にはなれないのが世の現実、科学者も研究室を運営するようになると、ここを使い分けられる人が政治的には偉くなる)


むしろ、問題は、地震、津波、原発事故と、大災害のトリプルパンチに長期の避難生活が加わっての、精神的、肉体的疲労。また、放射線に対する無理解からの過剰なおそれ、おびえからくるストレス。これは、まだ、解決されていない部分があって、継続的に意識する必要のある。ここへのケアが継続的に必要な事こそ、強調されるべき事だったと思う。

女子サッカーアジア杯3試合目。

今日はリーグ戦の3試合目、ヨルダン戦。力は一番落ちる相手になるのだろう。これまでに出ていない選手+出番の平均化、みたいな感じの先発ラインアップ。前半2−0でリード。守る相手にほぼ攻めている状態。セットプレーから危ない場面もあったが。後半は、徐々に相手が疲れてきて、時間が進むごとに、ほとんど、攻撃の練習状態になっていき、7−0で勝って、リーグ戦は1位で終了、W杯出場決定、決勝トーナメントで、もう一度、レベルの高い相手でどうなるか。

サッカー女子アジア杯第2戦

リーグ戦の2試合目、開催国のベトナム戦。中1日のハードスケジュールなので、メンバーを大きく変えての試合。前の試合フル出場で、この試合もフルに出たのは、守備ラインの3人と川澄選手。次も中1日でどういう風にメンバーを回すのか。
試合は、ゴール前を固めてカウンターを狙う相手に苦しみ、前半は40分過ぎてからようやく1点取る。後半もゴール前を固められたが2点目を取ってから、徐々に相手に疲れが出て来て、最終的には4−0の勝ち。
さて、ヨーロッパのリーグの選手なんかが使えない中で、誰がチャンスをつかんで行くのか。澤選手は一時期のような絶対的な存在感は無くなってきたのかなぁ。コンディションも必ずしも良くは無いようだけれど。チームの柱となる選手は別の選手に完全に移ったかな。

女子サッカーアジア杯1次リーグ vsオーストラリア

アジア杯で、W杯の出場権もかかる、という大会の割に、A代表マッチデーになっていないので、招集できていない選手もいるという、謎な状況。さらにハードスケジュール。 初戦であり、グループリーグの難敵であるはずのオーストラリア相手に、随分、いつもと違うメンバーが目立つ先発メンバー。序盤から前からプレスを欠けてくる相手にやや受けに回り、パスは回るものの、カウンターから何度かピンチを作り先制されてしまう。手詰まり感を打開するために、前半のうちにFW交代。合流が遅れて体調面を考慮していたと思われる大儀見選手を出さざるを得なくなる。攻撃は良くなるが、そのまま前半終了 後半押している展開から何度も一点もののチャンスを作りながら取れず、ワンチャンスで追加点を入れられる。また、交代を入れて、攻める中で、オウンゴールを誘い1点差。そのまま攻めつつ決めてなく3人目の交代も前の選手。最後押し詰まって来て、オーストラリアも運動量がなくなって来たなか追いつく。もう一押し。。。できないまま、引き分け。 結局、先発メンバーで冒険しすぎたかなぁ。

STAP再審査せずで

久しぶりにまた、STAPのニュースが来て。
すごいノートでした。弁護士が書き出した、ってのはホントにそのページに書いてある全てなんだろうか。あれは、今日やる実験を書き出したメモにしか見えない。実際のノートは別にあるんでしょ?と聞きたくなるもの。実際に別の実験の手順やデータがもっときちんと書いたものが無いと、実験自体がキチンとできないはずなんだが。弁護士が書き写す時に大事な情報がわからずに勝手に編集してないのかな。

理研のプレスリリースも読んでみて、記者会見も見ていました。理研はあの二点で、取り下げと解雇に、もう十分で、それ以上は時間の無駄と見てるのかなぁ、という感じ。ただ、最初の演出を派手にやったため、ここまで騒動が大きくなってしまい、もう、Natureの2報は全て点検せざるを得ないのでは、と思う。ノートと突き合わせてやったら、どうなるんだろうか。どれだけのデータの根拠が判別できるのやら。しかし、今回の説明は細かくて、なんで、前回と違うのか、精査し直したのか問われた時の答えがきつかった。他の研究不正の報告書と同様な出し方で、学問の世界の人なら、あれでわかるはずと考えていたら通じなかったので、細かく書きました、と。前回と今回の間に新たにわかった事としては、最初のrejectされたNature投稿の後、Cell, Scienceにも投稿していて、Scienceの査読で、ゲル画像の合成について指摘を受けていたという事。改ざんの方は知っていてやっていたと考えるのが適当だろう、という状況が。つまり、聞き取りに嘘をついた可能性がある。査読の指摘を読まないって、あり得ないから。他にも、厳しい指摘が多く、あの説明を読んで、まだ、ごちゃごちゃ言うのかな。

あの弁護士も、やってることが、普通の不当解雇などへの弁護の手法なのかな、と思う。研究者相手の話は、きちんとしたデータさえ出せば、みんな納得するし、簡単に収束するんだけど。かわいそう、みたいな世論を煽る必要はない。主張を裏付けるきちんとしたデータを示すことが全てで、それでも文句を言うような人は居ないのが科学の世界なんだけど。その方向の努力が見えないんだなぁ。

調査委員を引き受けるのも。。。

小保方論文の調査委員になった人々に次々告発が来ているようですが、どうやら、最近のものは科学論文のわからない人が無茶苦茶やっている様相が出て来ているようです。
先日の山中さんのも少し気の毒だった。10年以上前のデータやノートは、完璧に残っているというのは難しいだろう。その間研究室の引っ越しもしているし。必ずし全てのデータを自分で管理しても居ないだろうし。

実際、論文の書き方のルールも、この20年間の間にコンピュータの普及、インターネットの普及で大きく変わり、それによって、不正なデータの改変が問題となって来て、変わって来た部分が多い。昔の図表は、台紙に写真を文字通り”切り貼り”して作っていた。2つの写真を接しておいても、境目は、まず見えるし、そのものが送られ、編集部の目に触れ、査読用のものも紙媒体で同じものを用意して送られていた。写真を詰めて置いても1枚のものと錯覚させる余地はなかった(もっとも、組み合わせてライティングを調節して撮り直して、を繰り返すとか、それでも不正をしていた人も居たかもしれないが)。画像がデジタル化してパソコン上で操作して図を組んで作成するようになり、Photoshopのようなソフトが普及して行く中で、変わって来た。背景が白いと、画像と背景のシロの境が見えなくなって、画像の範囲を黒い線で囲んだり、別のゲル画像を並べる時に境界に線を入れる、なんて言うのは最近のやり方。逆に言うと、これは一枚に見せかけるような操作を悪意を持ってする人があったためにできたルールだろう。小保方さんの改ざんとされた図についても、背景の黒の色調が合わされていて、別の実験画像の合成には見えない。オリジナルデータは調査報告書のものを見る限り、背景の色は違う。合成が悪い事と知らずに無邪気にやると、通常は切れ目の見える形で図を作り、ルールを知っている人に指摘されたはず。何らかの意図を感じる部分ではある(ただ、悪意は無くせんがあると見た目が美しく無いという感覚だけでやった、と言われるとなんともだが)。

正直、徹底的にやってない感じのあった調査だったので、今度、全部きちんと調べ直すことになったらしいので、時間がかかってもちゃんとやって欲しい。
理研の研究組織も、定期的に審査されていて、評価が低いと研究所の組織替えがあるということで、CDBも今回の件で評価を下げると小保方さん戻りたいと言っても研究所がなくなっている、なんて落ちになりかねないのだよねぇ。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

Jubai 1-1