« 明日は小保方さんが会見するそうだ。 | トップページ | 統一球 »

今日の小保方さんの会見を見て

あちこち、なんじゃそりゃ、なところはあったのだが、一番私が違和感を持ったのは、コツがあるなら明らかにしてほしいという質問が何度かあった時の、彼女の答え。

今回の論文は現象を報告したもので、効率の良い作製について次の論文を準備していてそこで書くつもりなので明かせない、と言ったような意味の返答だったと思う。

そもそも、誰も再現できないまま、改良された次の手法なんて、誰が信じるだろうか。
実験科学者であれば、論文は他の人が読んで再現できるように書く(少なくとも同分野の専門家には)、というのが条件だと論文の書き方を習うはず。再現できない原因となるコツの存在を知りながら次の論文のために明かさないというのは非常に不誠実な話。そうならば、この時点で論文を投稿せず、そのまま研究を進めて次の論文とやらに予定している内容も含めてと同時に発表すべきなのである。Natureなどの紙面の制限のある雑誌の場合、詳細な方法は紙媒体で出版される雑誌には全ては載せられない部分があるという言い訳は、現在の出版方式では、Supplemental dataとしてweb上で公開する事が可能になっており、通用しない。多くの論文で、詳細な方法が、この方法で実際に公開されている。上のような発言をする時点で、科学者として信用できない人物、という印象を私は持つ。実際数多くの研究者が無駄に研究費を使って実験したのだ。今回の会見で、一般向けには随分印象を回復したようだけど、科学者たちには、ますます、疑念をもたれる事になったと思う。

« 明日は小保方さんが会見するそうだ。 | トップページ | 統一球 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は小保方さんが会見するそうだ。 | トップページ | 統一球 »

Jubai 1-1