« アルガルベカップ決勝 | トップページ | 科学論文 »

STAP中間報告を見て

私の周辺でも大学内、ネット中継などを見ていたようだった。昨日の中間発表を見た感想は、偉い先生方がこんな事に駆り出されて、しかも既に高齢の方々が4時間も付き合わされて、自分のところの不祥事とは言え、大変だな、というものだった。

中間発表なので、予断を持ってやっているとか、結論ありきの調査をしていると言われないために多くの事を調査継続中としてい断言を避けてたけれど、みんな心証としてはクロだと思っているのが、端々に出ていた。その状況で、後々面倒な訴訟が起きたりしないように言葉を選んで喋っていても、学者の世界がわかっている人には、クロと見ている事はわかる言い回しがそこここにあった。

単純ミスであれば、こんなには重ならない。これまでも、クロの場合は一つでた後、芋づるで複数のデータの改ざん、捏造、盗用が出てくる。Natureの論文でも、多分問題が出ているのは小保方さんの担当した実験と文章の部分なのだろう。さらに、博士論文などの他の論文にも問題が出ていることはクロの可能性を上げている。ただ、本人がやりました、と言わない限り、証拠で検証して調査委員会が認定するしかしないので難航しているのだろう。

論文の問題が片付いたら、小保方さんをチームリーダーに登用した人事が適正だったかが調査されるだろう。正直彼女の就任前の実績では理研のチームリーダーになれるとは思えない。進行中だったSTAPの仕事を高く買う人が居て強い推薦で青田買い的に行った人事だと思う。笹井さんか丹羽さんのところのPDで良かったはずなのに、チームリーダーにまで引き上げた過程に問題が無かったか点検されなくちゃいけないだろうなぁ。

« アルガルベカップ決勝 | トップページ | 科学論文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アルガルベカップ決勝 | トップページ | 科学論文 »

Jubai 1-1