« 男子サッカーA代表親善試合vsウルグアイ | トップページ | 男子サッカーA代表親善試合vsグアテマラ »

高校野球の打撃での所謂カット

甲子園での最近の話題。高校野球のルールとして、カットをバントと見なす事があるというのを適用するぞ、と言われて、それまでカットしまくって話題になっていた選手が得意技を封じられてしまった。記事などに出ている条文を見ると、どのような時にカットをバントと見なすか、きちんとした定義になっていない。要は主審の胸先三寸、印象次第で適用できるようになっている。これは、どういうことか。敢えて基準を曖昧にしていると考えると、フェアゾーンに打ち返そうとしないで、ひたすらファールを意図して打ち続けるような事は、高校野球として早めましょうね、という姿勢を示しているルールで、実際には極端な例がでない限り適用する気のないからなのだろう、と考えられる。そして、今回さすがにこれは適用しなくては、という事例が出てきたので、実際にやる前に通知した、といった経緯だったのかな、と想像している。
ルール化して抑制したい理由は、あちこちのチーム、複数の打者がこれをやりだすと試合が長くなり運営上不都合になる、とか、野球はそもそもフェアゾーンに打ち返す事を目的にしたもので、狙ってファールを打ち続けるべきではないとか、いくつか複合的な理由があるんだろう。
指導者がきちんとそうした精神とか意図を理解して普段から指導しないと、大舞台で可哀想な事になる、といった例になってしまい、後味が悪くなってしまった。

« 男子サッカーA代表親善試合vsウルグアイ | トップページ | 男子サッカーA代表親善試合vsグアテマラ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 男子サッカーA代表親善試合vsウルグアイ | トップページ | 男子サッカーA代表親善試合vsグアテマラ »

Jubai 1-1