« 拾った蝉の幼虫 | トップページ | サッカー東アジア杯 »

サッカー:東アジア杯1試合目。

昨日は女子、今日は男子の中国戦。女子は、ほぼここのところの試合で見た事のある選手での試合。男子は、ほとんど、これまでの代表で交代要員としても試合で見た事がない選手が大半の事実上、本番W杯に向かって下克上を狙うB代表。

女子はこの前の試合では、身体能力に優る相手が日本の試合運びに対する対抗策を練る中で跳ね返され続けてきた中で、アジアの似たような身体特性のチーム同士の試合では、まだ優位がある事を見せた、といった感じ。
男子は、新しいメンバーだらけで、集まってろくに合宿も張っていない状態で試合をやっている感はあちこちに見えた。さらに若い選手が多く、終盤力押しにずるずる下がって押し込まれて引き分けてしまった。プロの目で見たら、誰が使えて誰が使えないか見えた試合だったのかもしれない。

« 拾った蝉の幼虫 | トップページ | サッカー東アジア杯 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 拾った蝉の幼虫 | トップページ | サッカー東アジア杯 »

Jubai 1-1