« サッカー女子代表国際招待試合vsアメリカ | トップページ | ウィンブルドン »

車の”パンク”

 車で走っていて、ちょっとふにゃふにゃする感じがあるな、と思いつつ、目的地について駐車した車を見て妙に傾いているなと思ったら右前のタイヤがつぶれていました。サイドには空気が抜けたまま走った形跡が。当日はとりあえずJAFにタイヤを応急用のスペアタイヤに変えてもらい帰宅。自分でやってみても良かったけれど、結局かかる時間と仕事の確実さではプロに頼った方が良いだろうという事とせっかく入会しているのだから、という理由でJAFにお願いしました。外したタイヤを見たところ一見しただけでは何かが刺さったような後は見つからず、サイドの傷は微妙なのでお店で相談する事を薦められました。
 で、今日タイヤ屋に行って、パンクしたと思われるタイヤを見てもらいました。結論としてはタイヤ本体に穴は無く、ホイールに着いているバルブの部分のゴムが劣化してヒビが入って空気が抜けた、という事でした。9年の車検を通したところの車で、経年劣化だと思われ、他の3本も同じ事がいつ起きてもおかしくないので、とりあえず全てのバルブ部分を交換してもらいました。タイヤは、溝も残っているし、損傷も即危険というほどでは無いので使えるけれど、ダメージはあるので、高速を良く使うとかだとお勧めできない、損傷を受けた部分から膨らんで来ていないか注意してほしい、とのこと。結局、頻繁に乗らないのでむしろ、異常に気付きにくいし、乗るときに異常見つけると、その日の予定が狂うし、不安抱えながらは気持ち悪いので、タイヤ交換してしまいました。
 昨年タイヤが溝がなくなる前にサイドにヒビが出て来て経年劣化、という理由でタイヤを交換しているけれど、そろそろゴム系があちこちトラブル出し始める時期になって来たのかも。

« サッカー女子代表国際招待試合vsアメリカ | トップページ | ウィンブルドン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカー女子代表国際招待試合vsアメリカ | トップページ | ウィンブルドン »

Jubai 1-1