« 4月7日 コンサート | トップページ | 臥龍桜 »

淡墨桜

21日の土曜日に淡墨桜を見に行きました。ここ数年は名古屋の近所の桜を見て回っていたのですが、今年は少し遠出もしてみようと。先週末ははまだ三分咲き程度、満開になった後の今週は、日曜は雨が降りそうだったので、土曜のうちに見に行く事にしました。市バスで名古屋駅に出て、東海道線、新快速で大垣へ。大垣でお昼頃だったので昼食を食べて、樽見鉄道へ乗り換え。改札で切符をどこで買えば良いか迷ってしまいました。料金表のところを見て、樽見鉄道の料金表が出ている場所が無いのでどこだろう、とキョロキョロして見つからず、駅員さんに聞きました。JRの券売機の右端のが兼用になっていました。午後1時台の列車に乗って終点の樽見まで。花見の季節は観光客が多いからか沿線の観光案内をアナウンスしながら列車は行きます。鉄橋の景色の良いところではスピードを落としたりして。途中根尾谷の断層なども見ながら終点まで。後は徒歩で公園になっている淡墨桜へ。花は満開を過ぎて葉の出始め、花の色が薄く変わり始めているあたりという時期のようです。樹齢1500年と言われる桜ですが、手入れされて維持されている大きな古木です。私たちは午後の遅い時間から行ったのですが、午前中から昼過ぎくらいが混むようで、ちょうど込み合い方のピークを過ぎる位の時間帯だったようです。公園から周辺も散策したりして過ごして、午後5時過ぎの列車で帰ってきました。着いたときには帰りの列車を待つ行列が長くて、自分の帰りもああなるのかなぁ、と恐れていましたが、私たちの乗った時間は大した行列にはならずに座れました。終点の樽見駅は列車がトンネルを出て来たところで、駅の脇の桜がちょうど満開で、きれいな絵になっていました(この写真は撮りませんでしたが)。

« 4月7日 コンサート | トップページ | 臥龍桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月7日 コンサート | トップページ | 臥龍桜 »

Jubai 1-1