« 男子サッカー五輪最終予選vsバーレーン | トップページ | 女子サッカー代表戦、vsアメリカ »

プロ野球の契約金騒ぎ

巨人の過去の新人契約に関する問題がニュースを賑わしている。
野球関係者は、巨人だけではなかったとか、蒸し返さない事にしているとか、擁護しているような論調が見えるが、それって、どうかと思う。巨人だけの問題でなく、球界全体の問題に広がるだけじゃないのか。
逆指名導入時に、札束の積み上げ合いで選手争奪が行われるのでは、という懸念に対する答えとして、標準額が作られたはずだ。標準額に拘束力は無いから、どうしても欲しい球団が何割増かの額を出していたとしても、標準額を尊重していたとは言えるだろう。しかし何倍もの額だったら、守る義務は無い目安だったとしても、それでは標準額の存在意義は無い。結局のところ、札束の積み上げを競ったのだ。球界はみんなして、札束で選手争奪をしいないふりをする、という詐欺的イメージ操作を行っていたのだ。ファンを騙していたのだ。もう少し関係者は深刻に考えた方がいいと思う。

« 男子サッカー五輪最終予選vsバーレーン | トップページ | 女子サッカー代表戦、vsアメリカ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 男子サッカー五輪最終予選vsバーレーン | トップページ | 女子サッカー代表戦、vsアメリカ »

Jubai 1-1