« PCの電源死亡 | トップページ | Super Bowl XLVI »

男子サッカー五輪予選

今日は最終予選の4チームでのリーグ戦4試合目、vsシリアのアウエー戦。国内の政情不安のせいで隣国ヨルダンでの開催でお客さんのすごく少ない試合。シリアは勝たないと望みの無くなる崖っぷちで必死にくる試合。ピットも悪く、日本はパスを回す試合ができない。前半は蹴り合う感じに終始して、ちょっとした事でお互いに点が入って1−1で終了。後半は徐々に日本にいいペースができて来たところで点を取りきれず、ロスタイム前の一瞬の隙で点を取られて終了。直接対決はイーブンで終わって、残りの試合の結果次第の勝負になることに。このチームで気になるのは前の試合でもこの試合でも、前に急ぎすぎて一本調子になる、前に有利な状況が無く相手にボールを渡す形になる事を繰り返してしまうこと。もう少し緩急が使えないと、勝ち進めたとしても厳しいかと。しかし、インタビュー。監督の次がGKは少しかわいそうだったんじゃないか。失点はどちらも、完全なGKのミスとは言い切れないけれども、防げたとも言える形。責任感じてるところを選手の一番手でってのは配慮して上げても良かったのではないかなぁ。

« PCの電源死亡 | トップページ | Super Bowl XLVI »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PCの電源死亡 | トップページ | Super Bowl XLVI »

Jubai 1-1