« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

男子サッカー五輪最終予選 vsシリア

リーグ戦6試合のうち折り返し、3試合目。2勝同士で先にホームでの試合。シリアは正面から攻めて勝ちにきた。押し込まれる時間もあり、厳しい試合になったけれど、なんとか、2−1で勝った。いくつかピンチもあって試合内容は互角か、見ようによってはシリアの方が上にも見える試合だった。次のシリアのホームゲームが大きな山、厳しくなりそうだ。

男子サッカーオリンピック予選vsバーレーン

五輪予選は、A代表に取られた選手が掛け持ちさせずに抜けて多少選手が変更。相手も政治的・宗教的な事もあって選手構成が変わったところがあるらしい。風が強く前半は向かい風。雨が降ったりやんだりで、下が悪く、足を取られるシーンも多く、ボールは滑るよりも、止まるあるいは跳ねる感じ。選手が代わったせいか連携の悪いところも見える。ホームのバーレーンは積極的な動き。思ったようにはできていない感じの中、それでも前半の中頃超えたところから押し始め、CKを多く取った中から最後に先制する。後半、追い風で押せるかと思うと、なかなか上手く行かない。バーレーンの選手の早い出足と強い気持ちに押され気味。そんな中、ちょっとした隙から2点目を取る。バーレーンの攻撃も決め手が見えなくなってくると、ラフな展開になり始める。審判の国籍からファールの取り方はやや中東よりだなー、と思うものの、カードは相手に出て、意図的な踏みつけでレッドカードも出る。やや危なっかしいところもありながら、2−0のまま、勝ち。快勝という感じではないが、アウエーで勝ちきってやれやれ。

男子サッカーA代表W杯アジア3次予選vs北朝鮮

3次予選の通過は決まってのアウエー戦。試合前から伝わってくる話は他の国ではあり得ないような様々なかの国の不思議な事情。試合はメンバーは通過決定したのでお試しメンバーが先発に入り、体調を考えてお休みな人も目立つ感じ。交代も負けそうになったから勝つために無理をして、と言った風は見えず、むしろフォーメーションチェンジを試してみたり。0−1の負けは負けで色々反省も多いのだろうけど、結果にはこだわりはあまりなさそうな雰囲気。まー、変に勝って暴動が起きたり、大量リードしたりして荒れた試合になるよりは良かったかも、、、といっても北朝鮮に大量のイエローが出るような状態だったのだが、大けがする選手が出なくてよかったのかも、な試合だったのかなぁ。

男子サッカーW杯予選 vsタジキスタン

今日はアジア3次予選アウエーでのタジキスタン戦。アウエーという事もあり、また、グラウンド状態の悪さが伝えられている事もあり、この前のホームのようには行かないだろうな、と予想されたが、結果を見れば、アウエー分点差は前回ほどではなかったけれど、無難に勝ちきった感じ。前回よりは相手も攻めに出ていて、グラウンド状態にも相手に慣れがある中、ポストにも助けられて前半を一点リードで終わった後は後半はジワジワと攻めて最後は相手が力つきた感じか。後はこの後の同じグループの試合がどうなるか、と次の試合。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

Jubai 1-1