« 女子サッカーW杯2 | トップページ | 類似メロディ »

サッカー女子W杯決勝

勝った事のないアメリカ戦が決勝。がんばって早起きしてNHK-BSで観戦。さすがにアメリカは早く強いプレッシャーを中盤でかけてパスを封じてくる、対なでしこの多分定石と言える戦い方でくる。攻撃もこれまでのチームより早く、強い。何度も決められたかという場面がありながら、アメリカにやや疲れが見えてくると日本もある程度盛り返し、前半は0−0。しかし、後半に攻め込んだ後に速攻から先制される。試合の流れからは厳しくなったかと思われ、そろそろアメリカが試合をコントロールしにくるか、といったところで追いつき延長へ。延長前半にも勝ち越されたものの、後半にCKから追いつきPK戦。PK戦はGKの活躍もあって3−1で勝って世界王者に。実力的には勝てたら番狂わせなのは確かで、しかし、このチャンスに勝てないと当分はこんなチャンスは来ないか、というところで勝ったところがすばらしい。
今後はイングランド、アメリカのように中盤でパスをさせない戦略を相手が取ってくるのだろうけどその上を常に行けるところまで行けたら常勝というレベルになるのだろう。そこまでいけるだろうか。

« 女子サッカーW杯2 | トップページ | 類似メロディ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子サッカーW杯2 | トップページ | 類似メロディ »

Jubai 1-1