« 男子サッカーアジア杯決勝トーナメントvsカタール | トップページ | アジア杯決勝(男子サッカー)vsオーストラリア »

男子サッカーアジア杯準決勝vs韓国

アジア杯も準決勝。試合後に思い返すと、韓国は休養が一日少なく、前の試合で120分戦った事を考えて、前半抑え気味に入って来たのかもしれないと思う。前半は日本のパスが良くつながりほぼ押していた。その間にPKを取られて失点。追いつく。PKも少し厳しい判定のようだったが延長の日本のPKも同様なのでお互い様か。後半になり、韓国が再度攻撃を封じ、日本の動きも落ちてくると韓国が押し始める。延長に日本がPKでリードするとさらに圧力を強めてくるが、日本は引きすぎて押し込まれ続け、最後に追いつかれPK戦へ。川島選手がここでPKを止めてPK戦は3-0であっさり決まった。最後のPK戦は良かったけれど試合中の川島選手は不安定に見えた。レッドカードの後遺症なのか、DFがGKに出て来てほしくて待っているのに引っ込みっぱなしで苦し紛れのプレーになるのが何度か。本来もっと積極的なプレーをするGKだと思っていたのだが。

« 男子サッカーアジア杯決勝トーナメントvsカタール | トップページ | アジア杯決勝(男子サッカー)vsオーストラリア »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 男子サッカーアジア杯決勝トーナメントvsカタール | トップページ | アジア杯決勝(男子サッカー)vsオーストラリア »

Jubai 1-1