« サッカー男子A代表(国際親善試合)vsコートジボワール | トップページ | 2010W杯予選リーグvsカメルーン »

2010W杯開幕戦、南アフリカvsメキシコ

サッカー・ワールドカップもついに開幕。開幕戦の地元南アフリカとメキシコの試合をTV観戦。試合前に、地元チームは初戦に負けていない、というデータを見て、地元の利がどこまで出るかという興味があったが。メキシコは先発メンバーにDF登録の選手を6人。実際どう配置するのかと思って見ていると、前の方に居るのはFWの3人。12番、3番が右、左で12番は常に上がり気味。16番は、ほぼ中盤前の方に居たものの、他の選手はMF登録の6番も含めて流動的で、誰かが上がっていくと他が残る感じで、最終ラインに居る選手の背番号が常に異なっていて不思議なシステム。ボールを持って多彩な攻撃を仕掛けていたのはメキシコで、南アフリカは隙をついて仕掛ける、というのが大雑把な全体の構図。カウンターから、1点南アフリカが先制し、ショートコーナーからメキシコが追いつき、かなり決定的な場面が何度か南アフリカにあったものの決められずに引き分け。メキシコの方が(私には)魅力的な攻撃をしているように見えたけれど決定的なところを決められなかった分、南アフリカが勝てるチャンスを逃した感が強いか。予選リーグ同組のフランスーウルグアイも引き分けに終わったようなので、この後混戦になるかも。

« サッカー男子A代表(国際親善試合)vsコートジボワール | トップページ | 2010W杯予選リーグvsカメルーン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカー男子A代表(国際親善試合)vsコートジボワール | トップページ | 2010W杯予選リーグvsカメルーン »

Jubai 1-1