« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

サッカー男子A代表 親善試合vsイングランド

さて、ついにW杯本番も近づき、合宿地での練習試合。イングランドは選手のテストも兼ねてますよ、とばかりに、後半開始から4人変えて来たのに対し、日本は本番シュミレーションとばかりの交代。序盤にCKから先制したものの、後半、押される展開から、ぎりぎりなんとかクリアしにいったボールがオウンゴール、といった形の2点で逆転負け。布陣を変えて来たものの、選手起用は?だった。ただ、アンカーをおくというこの形にするとこれまでに使って来たMFから一人を外さなくてはならない。誰を外すのか。今回阿部選手が入ったけれど、稲本選手がどうなのか。ここ2試合両サイドは右左を入れ替えたものの、同じ二人。このバランスで行くつもりなのか、内田選手、駒野選手の体調の問題で本番は違うつもりなのか、、、本当はこのような状況を見通したテストが前に行われているべきだったはずなんだけど。

親善試合サッカーA代表vs韓国

監督交代は起きず、選手選考もボーダーラインで誰が入るか、といっても想定されるプールの中からで、ほんとの意味のサプライズもなく、W杯本番に向けての合宿が始まり、壮行試合的な意味合いのホームでの韓国戦。トゥーリオが直前のアクシデントで出場見合わせでかわりにセンターバックに入ったのは、相も変わらず阿部選手。。。センターバックの控えで入れた選手を試せないとは。本番でも同じような状況があったらサイズの不利を覚悟でこういう起用をするつもりなのだろうか。結局、早々にパク・チソンに決められ、そのままずるずると行ってしまい、遅すぎるくらいのタイミングでパワープレーに出てカウンターを食らってジ・エンド。気になったのは中村俊輔選手の冴えないプレー。Jでも冴えないとの記事は見ていたけれど、とてもいい状態には見えなかった。後半頭から代えるんじゃないかと思ったが。本番に調子をあげられるのか。また、チャレンジするプレー(そしてそれが効果的になるもの)が長友選手以外からはあまり見られず、というのも格上に挑まなくてはならないW杯に向けては期待する気分が盛り上がらない。さて、あとは誰かが突然変異的に大活躍、なんてのが出ない限りは、、、

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

Jubai 1-1