« イチロー選手の記録に関する報道を見ていて思ったこと | トップページ | サッカー男子A代表3連戦 »

朝青龍は懲りないなぁ。

朝青龍の優勝決定後の土俵上でのガッツポーズが問題にされている。色々な意見が出ているが、相撲では少なくとも土俵上でやるのは御法度とされているはずで、以前にも注意を受けているので強く怒っている人も居る。個人的に、彼の置かれていた状況を考えるとやりたくなる感情は解るのだが、横綱という特別な地位にいることもあり、軽率だなー、少なくとも土俵を降りてからにしないとと感じた。エンターテイナー的にはお客さんに見えやすい一段高い土俵のうえで派手にガッツポーズして喜びを分かち合いたい、ということでいいのだろうけど、力士であるならやっぱり、土俵を降りてからにしないと。相撲は土俵上を神聖な特別な場所としているし、過剰な喜びの表現は対戦相手への敬意を欠くということで戒めているはずじゃなかったっけ?横綱というのは単なるランキングNo.1ではなく、図抜けた力量と同時に「品格」まで求められるものだから、相撲界でマナーとされていることを横綱が破ってしまっては示しがつかない。実力はあっても、いまいち敬意を集められないのは、そのへんなんだなぁ。もったいない。その辺が朝青龍らしい個性だ、ととらえられる部分もあり仕方ないのかもしれないが。うーむ。

過剰な喜びの表現を相手への侮辱となるとして抑制するのはスポーツでは、それぞれに程度のさはあっても様々な競技で存在する。野球でもホームラン後に日本式にガッツポーズをするとMLBでは次の打席でビーンボールが来る、とか、「はしゃぎすぎ」抑える不文律があるというし、NFL(アメリカンフットボール)ではビッグプレーの後に喜びのポーズをとるのも規定があって破ると反則を取られてしまう(ボールの位置で実質的なペナルティを伴う)。サッカーでもやりすぎはイエローカードの対象になる。珍しいことではない。相撲協会が土俵上での振る舞いの考え方を変えない限りは毎度、問題になるんだろうな、ガッツポーズは。ま、やったら、勝負の後でも反則負けになるって規定でも作れば、まず、誰もやらなくなるだろうけどw

« イチロー選手の記録に関する報道を見ていて思ったこと | トップページ | サッカー男子A代表3連戦 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イチロー選手の記録に関する報道を見ていて思ったこと | トップページ | サッカー男子A代表3連戦 »

Jubai 1-1