« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

男子サッカー W杯アジア最終予選 vsオーストラリア

アジア予選も最終戦。どちらも消化試合のオーストラリアでの試合。どちらも、いくらかメンバーでは無理をせずに、いくらかテストの雰囲気の試合。一週間開いたからか、前の試合ほどだらしなくはなかったものの、結局はオーストラリアのパワーにジワジワ押されていって押し切られた感があった負け。連動も良いけど、誰かが勝負して、複数の相手選手を引き付けられないと、パスは回ってもチャンスにならない。チーム戦術の限界も見えているか、といった感も。もう少し全体の個人の能力が上がらないと、W杯はまた情けない結果になるのではないか、という危機感を感じる試合であった。

男子サッカーW 杯アジア最終予選 vsカタール

W杯予選もあと2試合、で今日はホームのカタール戦。結果から言えば、あれこれ言っても結局、予選通過を決めてやや気の抜けているチームと勝たなければ終わりで必死のチームの差が随所に見える試合となってしまっていた。日本の選手も、交替で出た選手など頑張ってはいたものの、守備の場面での戻りの遅さは素人がテレビで見ていても明らかで。見ていて気になったのはカタールのGKがGKとしては珍しい2番を付けていたことくらいw 日本チームは何人か、怪我人、体調不良の選手を入れ替えてきたがスタメンのボランチが二人入れ替わったのが変わった点。ただ、ここがイマイチだったように見えた。これまで配給役のできる選手が一人は入る形だったのが、今回の二人は、パサータイプではなく、ボランチのラインからなかなかいいボールが出てこなくて攻撃が詰まりがち。この組み合わせでの組み立て方は試合の中では見つけられないまま、交代で中村憲剛選手を結局ボランチに下げて対応。最初からこの方が良かった感じ。審判はアジアの試合ではよく見る顔だったが、いつもの通り、どちらかというと日本には厳しい笛。さて、続くオーストラリア戦はどのように戦うことになるのだろう。

W杯アジア最終予選 vsウズベキスタン

今日はアウエーのウズベキスタン戦。勝てば予選のグループ内2位以上が確定し、W杯出場が決定、ウズベキスタンにとっては生き残りのために負けられない試合。メンバーは基本は前の試合通りだったがワントップに大久保選手、左に岡崎選手を基本となる形、右サイドは駒野選手で始まった。ずっと右サイドだった内田選手は何かあったのか、ベンチ外。前半早い時間に、この前の試合からのいい流れの延長で点を取る。しかし、ピッチ条件からパスのスピードが殺されるため、1歩早く詰められ、攻撃に手詰まり感が出る。接触プレーでの判定が露骨にホーム寄りに出ることの繰り返しで、徐々にウズベキスタンに押され始める。後半はほぼ守りに追われる状態で、何とかしのぎきった。これで、予選は2試合を残してW杯出場決定。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

Jubai 1-1