« W杯アジア最終予選vsカタール(アウエー) | トップページ | サッカーA代表戦vsフィンランド »

男子サッカーA代表・アジア杯予選vsイエメン

若い選手のお試し的なメンバー構成から、親善試合のような雰囲気の試合前の報道だったけれど、公式戦のアジア杯予選。海外組も、天皇杯で年末まで試合のあったチームの選手も除外で、メンバーには20歳前後のかなり若い選手を入れての試合。若い選手たちに場数を踏ませること、真剣勝負の代表の公式戦を経験させようといった感じだったが。試合はホームということもあって、序盤から攻め立てたが、1点だけで時間が過ぎる。相手が慣れてきたころにカウンターを食いそうになった場面があってから、日本側がやや慎重になったか、攻め疲れたか、カウンターが一回かかりそうになって、イエメンの選手が積極的になってきたか、パスがつながらなくなって悪いリズムで前半終了。後半すっと入って、セットプレーから失点、追いつかれ、攻めようとするも前線にボールがつながらず、巻選手を入れ、そのあたりの時間帯からまた、圧倒的に責められるようになったものの最終スコアは2-1。1点差の勝利。リードされていてもリーグ戦を考えて、得失点差を開かれたくないという意図からか相手が守備的に戦い続けていて危なく感じるような戦い方ではなかったものの、点差を開いて得失点差を稼いでおくべきだった試合ではなかっただろうか。期待された中盤の若手3人、香川選手、乾選手、金崎選手は気が入りすぎていたのか、ボールを持ちすぎて周りとかみ合わなかったように見えた。今回外れた選手が戻ったら選外だろうな。

« W杯アジア最終予選vsカタール(アウエー) | トップページ | サッカーA代表戦vsフィンランド »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« W杯アジア最終予選vsカタール(アウエー) | トップページ | サッカーA代表戦vsフィンランド »

Jubai 1-1