« 北京五輪野球 | トップページ | 野球の代表監督 »

選手の勘違い

北京五輪の野球関係で気になることがあったので一つ。骨折は北京前からだったから監督は悪く無いと、いうのは大きな勘違い。監督をかばうことにはならず、無能さをさらけ出すことになるだけ。現在最も自分にとって身近な球団の主力選手の重大な故障の情報も集められずに4番打者として使ってしまった、と。その情報をキャッチできずに使った星野さんの責任はより重くなる。五輪での全力プレーの結果の悪化だったら、試合に望む前はプレーできる状態だったんだから、使った監督は悪くないのだ。試合を休んだりしていて、明らかに怪しかったんだから、本人が言わなくても、周辺から聞き出せなくちゃいけません。

« 北京五輪野球 | トップページ | 野球の代表監督 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北京五輪野球 | トップページ | 野球の代表監督 »

Jubai 1-1