« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

バレンタイン監督の契約

バレンタイン監督も、日本が長くなったが、監督契約に関してはアメリカ式のようで。契約が来年までとなったところで、延長契約を急いでいるようだ。アメリカでは野球も他もプロでも監督が契約最終年で指揮をとることを嫌うのが通常なようなので、今、契約延長交渉をするのはアメリカ人的には普通のことなのだろうけど、フロントとかみ合ってないようで。他の日本人の監督は、今来期の続投以来の打診が続々行われるという季節だからなぁ。

アメリカで監督が契約最終年での指揮を嫌う理由として聞いたことがあるのは、シーズン中にチーム状況が悪くなると、切られるのは監督だと見切った選手たちが個人プレーに走ったり怪我を避けるようにプレーをし始めて一気にチームが崩壊する原因になるのを嫌がって、形式的であっても、少なくとも来期は監督続投予定、というのを取りたがるという話。チーム成績が悪いと切られるのが選手のほうかもしれないという緊張感を保ちたいということだと。そういうことが公然と語られているので、その理由は意味小さくなるとは思うのだが。今の実質は、フロントが切ろうと思っても簡単に契約切れというだけでは切られることがない形を取っておかないと、監督の威厳を保つのに苦労する、という意識だろうか。ロッテのフロントはそんなことはわかってるはずだとは思うんだけど。もし、それで、今の態度ということは、今季限りというのを、検討中ということなのかなぁ。

野球の代表監督

星野監督が北京五輪で失敗したのを受けて、次のWBC監督選びがもめ始めた。プロ野球はこれまで国際大会のためにナショナルチームを定期的に編成するという作業をしてこなかったんだなぁ、と改めて感じさせられるドタバタが起きている。プロでチームを組んでやったのはアテネ五輪、第一回WBC、そして北京五輪。五輪はシーズン中でシーズンを中断しない以上、現役監督以外からネームバリューのある人ということで決めてきたのだろう。五輪は今後当面無いが、困ったのは次のWBC。問題はシーズン開幕直前にやるというところ。これは、世界一決定戦を謳うなら将来的にはシーズン直後に動かす必要があるのは明らかなんだが。

野球はサッカーのように代表監督というポストを常設して、定期的に代表チームの招集、親善試合、公式戦が組まれていくシステムは存在していない。五輪種目でなくなった今、プロでナショナルチームを組むのはWBCのみとなると、監督はWBC前のシーズン終盤からシーズン開始直前までの半年ほどのパートタイム。成功すればよいが、失敗すればけなされまくり、次の監督の仕事が遠くなりかねない仕事であるし、タイミングは今だと、来シーズンの監督業は諦めなくてはならないのに近い。来シーズンなど近いうちに監督をするのに有力な人がやりたがるだろうか。個々の選手の新シーズンに向かっての調子もホントのところはわからない段階の季節に急仕立てでチームを作って大会に出るのなら、既に提案されているように前のシーズンの優勝監督で構わない気もする。2チーム分の心配も必要で、主力選手を怪我させる訳にも行かない時期で、やる人には色々な意味でかなりの負担だとは思うのが、王さんがやったのだから無理では無いと思う。

一方、現在監督をやっていない、過去に日本シリーズを制したことのある元監督って、実は結構な数いると思う。歳を気にしなければ広岡氏、森氏、権藤氏、若松氏、、、古葉氏は大学の監督してたような。テレビなどメディアで目立っていないだけで、現役監督が難しくても選択肢は多くあるはず。監督としての実績がある人って結構いて、星野氏以外にいるか、なんてほど人材不足にも思えないのだが。お歳で引き受けられない人もいるのだろうが、健康問題を理由に監督を退いた星野さんに頼むより良いんじゃないか、とも思うしね。

選手の勘違い

北京五輪の野球関係で気になることがあったので一つ。骨折は北京前からだったから監督は悪く無いと、いうのは大きな勘違い。監督をかばうことにはならず、無能さをさらけ出すことになるだけ。現在最も自分にとって身近な球団の主力選手の重大な故障の情報も集められずに4番打者として使ってしまった、と。その情報をキャッチできずに使った星野さんの責任はより重くなる。五輪での全力プレーの結果の悪化だったら、試合に望む前はプレーできる状態だったんだから、使った監督は悪くないのだ。試合を休んだりしていて、明らかに怪しかったんだから、本人が言わなくても、周辺から聞き出せなくちゃいけません。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

Jubai 1-1