« キリンカップサッカー | トップページ | W杯3次予選対オマーン(アウエー) »

W杯3次予選対オマーン(ホーム)

W杯3次予選、前回から間が開いて3試合目。ここから残りが一気に行われていく。まず、ホームでオマーン戦。なにやら、ここで引き分け以下なら監督交代かといった緊張感を高めるような報道がここ数日で突然高まっていた。岡田監督のピリピリムードなどが原因なようだが。そもそも、ホームで勝ち点3を落としたら厳しいに決まっているんだから、そんなの初めから当たり前のことなのに。

キリン杯を経て、100%勝負にこだわるW杯予選でどういう布陣で来るかと思ってみていたら、選ばれていたメンバーの組み合わせでは最も攻撃的な方の人の組み合わせで来た。特にこれまでは守備専任の色合いのあるボランチを常に一人置いていたのが、遠藤、長谷部といったどちらかと言うと攻めに特徴のある選手を同時に使って来た。ホームの試合で、最初から攻撃的に行って攻め勝とうという意思の見えるような先発メンバー。また、ヨーロッパリーグがオフシーズンに入って、ヨーロッパでプレーしている選手が練習から本格的に合流しての試合となった。結果としては、完勝と言っていいような試合となった。欲を言えばもっと点をとって得失点差を稼いでおいてもよかったが。相手にほとんどまともな攻めをさせなかったし、攻撃も色々な形を見せる中で3点を取れた。さて、次はアウエーで同じ相手。簡単に同じようにやれるほど甘いとは思わないが、一気にオマーンに対して差をつけられるか。

« キリンカップサッカー | トップページ | W杯3次予選対オマーン(アウエー) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キリンカップサッカー | トップページ | W杯3次予選対オマーン(アウエー) »

Jubai 1-1