« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

東アジア選手権3戦目

男子サッカーA代表、3試合目は韓国戦。相手のレベルが高いと試合の質が違って見えた。さすがに韓国は違う。もっとも、もっと大きなもののかかっている試合のような熱さは今日は感じなかった。総得点で優位に立つ分なのか、最近の韓国チームの変化なのか、無理にガツガツ来る感じはなかった。国歌斉唱のときにGKが手を胸におかずに敬礼していたので、彼は兵役中で軍に籍があるのだろう。

結果は引き分けで大会のタイトルは逃した。今日は順番で矢野選手を先発で使うかと思ったら途中交代だった。今回怪我とかの理由無しに出番が一番少なかったのは彼になるのかな。田代選手を今日も使ったのは前回良かったからもう少し見たかったからなのだろうか。加地選手の左サイドも、回数を重ねて落ち着いてきたけれど、彼は最近右でプレーしてる時もやや攻撃性が落ちている印象がある。勝負に行くよりもパスをつなぐほうを選択する癖が付き過ぎている印象で。今日は少し攻めに出るプレーも見えたけれど、若い内田選手、安田選手が縦の勝負をしていくのに比べると無難に行き過ぎるかな。他の選手たちは普通にプレーしていたと思うけど。今回チーム事情で今野選手はセンターバックで2試合だったが、本来どう使いたくて呼ばれていたのだろう。試しきれなかった部分があるとすると、その辺だろうか。次はW杯予選になるのかな。

パウエル投手の契約問題

オリックスとソフトバンクで、パウエル投手の契約が問題になって久しく、長期化している。私が、報道を見ていてわからない点はメディカルチェック後にオリックスが条件の変更を求めたというあたりでの細かいやり取りだ。通常の契約であれば、条件に合意した後はメディカルチェックで問題がなければそのまま双方サイン、問題が出れば、契約不成立で破談、あるいは契約交渉のやり直し、というだけだろう。わからないのはパウエル側はメディカルで問題なかったのに条件変更をオリックスが言い出したことを問題にし、オリックス側がメディカルの結果に疑問があったので細部の詰めをしている間にソフトバンクにさらわれたと主張している点。パウエル側としたら、メディカルの結果にオリックスが文句をつけた時点で以前の合意は破棄されたと理解した、と主張するのが普通じゃないだろうか。オリックス側にしても、メディカルに問題があったから交渉していた、なんていうのは以前の合意が交渉中に戻っていたことを暴露しているようなものに思える。そこで、別の交渉相手が出てきて契約されても文句言えないのでは、と思える話なので、それをオリックス側が言っているのは、なんか変な感じ。

以前の合意がどこの時点まで有効であったかという判断になるのだろうけど、オリックス側の求めていた条件の変更が細部の詰め、と理解できる程度のものだったのかどうかが判断の決め手になるのかなぁ。パウエル側も事実上の出場停止処分をのむ意向というのは何か、手続き上不備だった思い当たる部分があるんだろうか。その辺、気になる部分の記事にお目にかからない。

東アジア選手権2戦目

男子サッカーA代表、今度は中国戦。中国ホーム、主審は北朝鮮となれば、判定は、ある程度予想できたものの、ラフプレーに対する寛容さは。中国びいきでやっているのか、北朝鮮代表のプレースタイルから考えてあの位が北朝鮮のスタンダードなのか、日本の選手にも試してみて欲しかったかも。観客は通常のホームチームの応援で問題なかったけど、審判はかなり露骨かなー、という部分があったような。

今回は中村憲剛が戻って、中盤のつなぎは安定したようだった。この一年で、代表での存在感が大きくなった彼も、俊輔が入るとベンチになってしまうかなぁ。今回は、1トップ2シャドーの形が試されていた。FWに怪我人が多くなったFW不足のチーム事情もあったのだろうけど。他にもやはり人のやり繰りなのか、テストなのか、という起用もちらほら。GKは3人に1試合ずつなのか。しかし、一応公式戦とはいえ、ラフプレーで怪我するのはもったいない大会だから、勝って欲しいけど、気をつけて欲しい部分も。

A代表vs北朝鮮

男子サッカー国際AマッチTV観戦。先日のタイ戦は後半だけ見て、結局、ホーム、体格と技術の差で、勝ったという感じだったけれど、今日からは東アジア選手権。場所は中国、重慶で、初戦はvs北朝鮮。最近は北朝鮮相手の国際大会でラフプレーが目立った印象の試合が多かったけれど、加地選手の出血はあったとは言え、問題になるようなラフプレーは目立たず、今日は普通に試合していた感じ。日本がリードされて追いついたまでで終わったからかな。日本は直前で中村憲剛が発熱でメンバーから外れて、その影響が出たかな、という印象。代わりに入った選手が山岸選手、途中交代で安田選手で、全くタイプの違う選手だったため、試合運びが違った。いつもはボールの配給役になる選手が二人居るような布陣だったのが今回は遠藤選手一人で、いつものチームと役割のバランスが違う違和感を感じた。また、加地選手の左サイドを試していたけれど、かなり不慣れな感じでW杯予選でやらせるのは怖いかなぁ。GKも川島選手を出していたし、この大会は残り2試合、いろいろな選手が試されるのだろうか。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

Jubai 1-1