« A代表vs北朝鮮 | トップページ | パウエル投手の契約問題 »

東アジア選手権2戦目

男子サッカーA代表、今度は中国戦。中国ホーム、主審は北朝鮮となれば、判定は、ある程度予想できたものの、ラフプレーに対する寛容さは。中国びいきでやっているのか、北朝鮮代表のプレースタイルから考えてあの位が北朝鮮のスタンダードなのか、日本の選手にも試してみて欲しかったかも。観客は通常のホームチームの応援で問題なかったけど、審判はかなり露骨かなー、という部分があったような。

今回は中村憲剛が戻って、中盤のつなぎは安定したようだった。この一年で、代表での存在感が大きくなった彼も、俊輔が入るとベンチになってしまうかなぁ。今回は、1トップ2シャドーの形が試されていた。FWに怪我人が多くなったFW不足のチーム事情もあったのだろうけど。他にもやはり人のやり繰りなのか、テストなのか、という起用もちらほら。GKは3人に1試合ずつなのか。しかし、一応公式戦とはいえ、ラフプレーで怪我するのはもったいない大会だから、勝って欲しいけど、気をつけて欲しい部分も。

« A代表vs北朝鮮 | トップページ | パウエル投手の契約問題 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« A代表vs北朝鮮 | トップページ | パウエル投手の契約問題 »

Jubai 1-1