« 2試合目 | トップページ | ホームラン記録 »

3試合目

昨日の4ヶ国対抗も見ました。中国の観客がアウエーの状態を作り、前のアジア大会を思い出す感じでした。審判も2試合目の中国に有利な状況を作ろうとしているようにも感じられ。ま、結果としては中国は2試合目で負けたようですが。半ば八百長のような状況だったはずなのに。監督は辛いだろうな。
日本の試合は、攻めあぐねる展開。菅沼-李の柏のラインで何度もチャンスを作るけど外しまくり、って感じで。そうこうするうち、後半開始直後の時間帯にミドルシュートを決められる。画面で見る限りシュートコースが大きく開いていて上隅に決まったのでキーパーはどうしようもなかっただろう。全員使うという反町監督の方針で今回は控えGKでJでレギュラーを取っているGKと比べれば、少し頼りない場面が多かったけれど失点のシーンはセーブできたらスーパーセーブ。無理だったでしょう。明けて今日の新聞辞令ではMF、FWの二人が見切りをつけられたって騒いでいるけど、3試合見てDFの3番千葉選手の守備は良くは見えなかったし、厳しく見れば初戦に点を取ったものの4番河本選手も安心して見られる感じでは無かった。千葉選手は失点後にすぐ変えられたわけで、こちらの方が明らかに切られた雰囲気だった気がするのだが。主力だった選手たちの多くがクラブの試合とオールスターで居なかったため、この3試合は控え組主体にこれまでのレギュラー数人とU-20が終わった選手という構成で、U-20が終わってこの年代の選手も取り込んだ五輪チームへの選手の入れ替えセレクションの色彩が強かったけれど。U-20組がかなり食い込んで控え組はの半分以上が追い出されそうな勢いかも。
この試合を見ると五輪最終予選、中東勢相手の試合に勝てるか、疑問だなぁ。ほとんどBチームなメンバーだったから参考にならない部分もあるけれど、少なくとも出られなかったレギュラー組みが慌てるような内容ではなかったのは厳しい。

« 2試合目 | トップページ | ホームラン記録 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2試合目 | トップページ | ホームラン記録 »

Jubai 1-1