« 再び契約でもめている選手。 | トップページ | アジア杯2戦目 »

アジア杯初戦

昨日はアジア杯の初戦を見ていました。オシム監督になってからのメンバーを見ていて、いつも不安だったのはセンターバック、4バックの両サイドを本職としてこなす選手の層の薄さ。今大会は本来センターバックの選手は登録上二人。坪井選手のコンディションが良くないのか、この試合では阿部選手がセンターバックに入っていました。さらに左サイドは駒野選手の怪我で今野選手。そもそも、駒野選手自体本来は右なのを左に回しているのに。右サイドを見ても加地選手が怪我をしたら誰が入るのだろう。水野選手は3バックのサイドはありでも4バックでは守備力が心配になりますし、売り物の攻撃力が出しにくくなります。正直、4バックの構成がボロボロな気がします。中沢選手とGKで何とかしろって、それは無理でしょ。。。トゥーリオ選手の怪我が痛かったにしろ、これまで、センターバックで体格のある選手が十分試されてきていたかなぁ。これで中沢選手が怪我なり出場停止なりになったら、、、。確かにMFの中にセンターバックもやれる選手がいますが今のメンバーには180cm以上の高さのある選手がいない。中田浩二選手を移籍話の問題を理由に呼ばなかったのはかなり痛い気がする。

羽生選手の投入の場面、怪我が無ければ播戸選手の出番の場面だったかもしれません。また、チームでの新顔でなければ太田選手だったかもしれません。また、佐藤寿選手でも良いところでした。あのタイプの選手は実は日本人のFW、攻撃的MFでは結構多いタイプで決定力、テクニックで上と思われる選手は数多くいます。正直山岸選手も含めて、傍目にはどうなんだろう、という気はします。ジーコの鹿島勢偏重と同じことが起きている気が。自分の意図が通じやすいということで使ってしまうと、他により個人能力のある選手がいても実戦で戦術理解、コンビネーションを深めるチャンスを奪ってしまいます。代表監督は一試合の無様な試合で首が飛ぶ国も多いプレッシャーの高い仕事で、結果を出すことと長い目で見た部分との兼ね合いがありますが、アジア杯はこれまでのテストを経ての結果を出すステージ。もう、自分のクラブ監督時代の選手に頼っている時期は過ぎて個人能力の高い選手が融合されているべき時期と思うのですが。結果論な部分もありますが。巻選手のような体格という他に多くない特徴を持った選手と違って、この辺のMFの人選はいつも気になります。

厳しい場面で国際試合の経験の浅い橋本選手の投入は完全に裏目でした。テレビでの見た目にもボールが足についていない感じで、緊張して上がっていたんじゃないでしょうか。中村憲選手を下げたのは守備固めもあるのでしょうが、スケジュールを考えて体力的な負担の大きいポジションの彼を休ませたのかもしれません。結果的にこの交代が一番流れを悪くした印象でした。

そうは言っても、後2つ勝てばいいわけで、、、難しい初戦が終わったところで、もう緊張してる場合じゃないし、気合を入れなおして頑張ってくれる事に期待ですかね。

« 再び契約でもめている選手。 | トップページ | アジア杯2戦目 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び契約でもめている選手。 | トップページ | アジア杯2戦目 »

Jubai 1-1