« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

アジア杯3決

さて、退席処分の洪明甫コーチが延長前にピッチに入ってきたり、観客席でトランシーバーでしゃべってるのがTV画面に捉えられたりしてましたが、あれは問題にならないのか。

結局日本の試合運びはこれまでのリピート。今回の韓国代表の決定力不足ゆえに0-0で終わったけれど。ゴール前を固められるとペナルティエリアの周りでボールを回すだけ。そのうちボール回しを読んでカットされだすとバタつき始めてプレーが弱気に流れていく。10人で、動きが止まって足がつりまくってる相手よりシュートが打てないって何なのさ。ゴール前を固められてボール回しからチャンスが作れない時の有効なオプションがまだできていない。これからW杯予選、格下チームは、どこも自信もって8人以上でブロック作って引いてくるだろうな。

オシム監督は前のジーコに続いてJリーグのチームから引き上げた。選手起用で相変わらず自分の前のチームの選手偏重が続いている。私が特に理解できないのは羽生選手の重用。最後のPKは象徴的。確かにJリーグレベルでは良い選手だと思う。献身的に走り回って前線を掻き回せる。でも、代表レベルだろうか。惜しいシュートが何本かあったけれど、結局それが入らないのは不運ではなく、実力の問題じゃないかなぁ。たまに千葉の試合も見ることがあるけれど、似たようなもの。もっと走れる選手はそんなに居ないかもしれないが、同じくらい走れて、キック、シュートの正確さ、ドリブルの上手さ、キープ力、もっと上の選手はいると思うのに、毎度のように交代で出てくる。同じ千葉の選手でも水野選手を使うならわかる。ま、守備力の不安で使わなかったんだろうけど。個人的には太田選手が試されなかったのは何故かなぁ、と思う。出てこなかったからわからないけど、オシムを納得させる動きが練習でできてないんだろうけど。試合しか見れない素人からは、勝負のプレッシャーでレベルが低くとも自分がプレーをわかっている選手を使う方向に流れているように見える。もし、自分が代表で羽生選手を使うなら、先発させて持つだけ走り回らせて後半交代、なんだけど。これからのコメントと起用から推測するしかないか。それと、選手を入れ替えることを匂わせておいて、結局、前線に入れたのは山岸選手。もっと冒険して欲しかった。

合格実績水増し

高校の大学合格実績の水増し、最近の共通テストの私大への普及と共通テストのみを合否判定に使う試験方式の急増の副産物に思える。一つの学部、学科が様々な判定方法の試験を何通りも設定し、受験料収入を稼いでいるのだ。共通テストの成績のみなら、取り敢えず出願しておけ、ということになりがち。その延長線上に起きてきた事なのだろう。私大のほうも安易にそういう試験を増やしたことを反省したほうが良くないだろうか。自前の入試問題で試験をやらなければならないとなると実務の問題でやたらに試験方式を増やせないが、共通テストの成績の使い方なら何通りでも考えられるといってもね。

20年ほど前、自分が受験生だったころも、本当に入りたい大学以外の受験を薦めるという指導は存在した。ただ、当時は共通一次試験の時代。私大は全て自前の試験を受けねばならず、本命の大学のための最後の追い込み勉強の時間を削ってやたらに受けまくるなんてことはあり得なかった。薦められる理由は、本番の試験の雰囲気に慣れるため。いきなり本命の大学の試験で上がってしまうのを防ぐため、プレッシャーの少ない状態で少なくとも1,2校受験して予行をしておけ、ということだった。高校側としてはこんなのの延長上にあるのかもしれない。程度の差こそあれ、私大の併願は昔からできたし、さらに、どこかに引っかかれば、と必死でいくつも受けてたくさん合格している人は昔から居た。私大の合格実績なんて数字を鵜呑みにできない、というのは今の高校生の親は知ってるはずだけど、今回発覚している話は極端ですね。

新設校でデータがほしかったなんて言い訳している高校もあるけど、私立なんだからそんなの大手予備校と提携すればいい話で。予備校にデータをもらうより生徒に実際に受けさせたほうが安いということか?自分の学校の生徒だけ使ってやるデータ収集なんてたかが知れてると思うんだけどね。さらに、事後の分析をしたところで、次の年の受験は別物だし、大学側もいろいろ検討して試験のやり方は手直ししていくだろうし。学内での受験料負担の表向きの理由をデータ収集として支出していてそれで押し通そうとしているだけなんじゃないだろうか。少子化の中での私学の経営、生徒集めのための宣伝材料作りというのは厳しい、ということなんだろう。

アジア杯準決勝

ついに負けてしまいました。ま、前大会でもほとんど負けてた試合に勝ったりしてたわけで、そうそう幸運も続くわけも無く、という感じかな。ベストメンバーと言い切れるメンバーでないのはどのチームも同じだし、移動に関しては楽な日程に当たった。とは言え、30度を超えるところで試合を続けたのは果たして良かったのか?とも考えられる。

これまでに当たったチームと比較して、サウジの攻撃陣は最後までスピードが衰えなかった。全体が連動して動いて、ボールをまわすサッカーの日本のほうが全員が満遍なく疲れを蓄積していたのかもしれない。試合後の中村俊輔選手のコメント中にどこで個人技を出すかが難しかった、みたいな言葉があったが、みていてもどかしかったのは、まさにその部分で。連動した動きでパスを回して相手を崩すチームのコンセプトはわかるのだが、どこかで強引にいく場面が無くては、あるいは裏パターンとしていつもはボールを回すところを強引に勝負に行く、シュートする、というのをもう少し混ぜないと、相手は安心して引きっぱなしでしょう。ペナルティエリア近くでフリーで前を向いてボールをもらった選手が判で押したようにいつもパス出してしまうのでは。引いてきっちり守って、前線3人くらいの個人の身体能力を活かして得点を狙うサウジというのは今の日本チームには相性としては一番悪い相手なのかもしれない。

次の3位決定戦は大幅に選手を入れ替えそうなオシム監督のコメントだったけど、ここまで新戦力試せてないので、使わないと。ポリバレントもゲーム中の様々な状況に対応していくためには良いけど、センターバック、サイドバックの人材はもっと発掘しておかないとまずいんじゃないかなぁ。今回はメンバーの中に居ないからどうしようもないけど。トゥーリオ、中沢両方使えない状況なんて今回でも、これからでもいくらでも起きうる事態だし、加地、駒野両方居なかったらどうするのか。4バックのサイドができる選手がいないから3バックにするなんて話になりかねない気がするけど。素人には考えられない凄い考えがあるのかなぁ?

アジア杯準々決勝

オーストラリア戦。ベトナム、ハノイの暑さが実際のところどの程度か、このレベルのチームが来てみてどうか、と見ていましたが、やはり、普通にプレーできる環境ではないようでした。しかし、10人になったとはいえ、オーストラリアが中東のチームか?というようなベタ引き、カウンター狙いになってしまうほどとは思いませんでした。しかし、徹底して専守防衛にされると最後のところが崩せない日本、というのは相変わらずで。無理なプレーをして失敗することで逆にピンチを招くのを警戒するのはわかりますが、引いて、人数かけて守っている相手を崩すためにもう少しするべきではないかと。バランスの問題ではありますが、バリエーションとして、パスで崩す以外に、ドリブルとか、もう少し強引なプレーも見せないと点が入らないよなー、という感じで。しかし、PK戦を取れたのはやれやれ。

アジア杯第3戦

リーグ戦も最終戦。勝つか引き分けでリーグ突破できるとはいえ、相手は好調の地元ベトナム。難しい試合になるかと思われたけれど、結果的には一番上手く試合の運べた試合になった。とは言え、完全ということは無いわけで。前半、試合のペースが落ち着かない間、最初日本が押し気味かと思われた状態からベトナムがテンポよくボールを回す場面も出てきたところでのCKからクリアし損なったボールがゴールに入って失点。そこからスイッチが入って、ややアグレッシブさが出てきたところで同点、逆転して前半を終える。途中、ベトナムの中盤でのボール回しを読んでのパスカットが出始めたあたりからベトナムの攻撃の勢いを抑えられるようになった感じがあった。後半も点を追加してきちんと止めを刺して、他会場の結果がベトナム有利に進んでいたこともあってベトナムも無理をしてくることなく最後は余裕を持って時間を流す展開に。いくつか集中力が緩んでいるようなミスもあったけれど、今回はそういったミスからの失点も無く終われた。中2日で38℃の中の試合ということで動きは全体に重かった。リーグの結果、次もベトナムでの試合になるので(クーラー効かせた部屋で見ているとだらだらしているように見える)ペース配分の難しい試合が続くのだろう。

アジア杯2戦目

アジア杯本戦リーグ戦2戦目。巻と山岸を入れ替えて2トップ、左サイドに駒野が怪我から戻った、という布陣でスタートして、前半に3点。後半退場者が出て相手が10人になったものの1点取られて終了。総得点の差でリーグ戦一位に出たけれど、次戦は好調の地元ベトナム。次を引き分けた場合、カタールが最終戦勝てば得失点差の争いになるのだから、点差はいくら広げておいても良かったのだが、暑さのせいか、ボールキープができてしまうためか、かなり早い時間帯で時間を流すようなプレーになってしまった。リスクを避けて上がる人数を減らしたため、ゴール前の人数が足りなくなっていても、もう少しゴールをとろうという姿勢を見せてほしかったのだが。体力的に厳しかったのかなぁ。まだ、危なっかしいプレー、なども多いけど、勝ちながら良くなっていけるか、なっていってほしいところ。

アジア杯初戦

昨日はアジア杯の初戦を見ていました。オシム監督になってからのメンバーを見ていて、いつも不安だったのはセンターバック、4バックの両サイドを本職としてこなす選手の層の薄さ。今大会は本来センターバックの選手は登録上二人。坪井選手のコンディションが良くないのか、この試合では阿部選手がセンターバックに入っていました。さらに左サイドは駒野選手の怪我で今野選手。そもそも、駒野選手自体本来は右なのを左に回しているのに。右サイドを見ても加地選手が怪我をしたら誰が入るのだろう。水野選手は3バックのサイドはありでも4バックでは守備力が心配になりますし、売り物の攻撃力が出しにくくなります。正直、4バックの構成がボロボロな気がします。中沢選手とGKで何とかしろって、それは無理でしょ。。。トゥーリオ選手の怪我が痛かったにしろ、これまで、センターバックで体格のある選手が十分試されてきていたかなぁ。これで中沢選手が怪我なり出場停止なりになったら、、、。確かにMFの中にセンターバックもやれる選手がいますが今のメンバーには180cm以上の高さのある選手がいない。中田浩二選手を移籍話の問題を理由に呼ばなかったのはかなり痛い気がする。

羽生選手の投入の場面、怪我が無ければ播戸選手の出番の場面だったかもしれません。また、チームでの新顔でなければ太田選手だったかもしれません。また、佐藤寿選手でも良いところでした。あのタイプの選手は実は日本人のFW、攻撃的MFでは結構多いタイプで決定力、テクニックで上と思われる選手は数多くいます。正直山岸選手も含めて、傍目にはどうなんだろう、という気はします。ジーコの鹿島勢偏重と同じことが起きている気が。自分の意図が通じやすいということで使ってしまうと、他により個人能力のある選手がいても実戦で戦術理解、コンビネーションを深めるチャンスを奪ってしまいます。代表監督は一試合の無様な試合で首が飛ぶ国も多いプレッシャーの高い仕事で、結果を出すことと長い目で見た部分との兼ね合いがありますが、アジア杯はこれまでのテストを経ての結果を出すステージ。もう、自分のクラブ監督時代の選手に頼っている時期は過ぎて個人能力の高い選手が融合されているべき時期と思うのですが。結果論な部分もありますが。巻選手のような体格という他に多くない特徴を持った選手と違って、この辺のMFの人選はいつも気になります。

厳しい場面で国際試合の経験の浅い橋本選手の投入は完全に裏目でした。テレビでの見た目にもボールが足についていない感じで、緊張して上がっていたんじゃないでしょうか。中村憲選手を下げたのは守備固めもあるのでしょうが、スケジュールを考えて体力的な負担の大きいポジションの彼を休ませたのかもしれません。結果的にこの交代が一番流れを悪くした印象でした。

そうは言っても、後2つ勝てばいいわけで、、、難しい初戦が終わったところで、もう緊張してる場合じゃないし、気合を入れなおして頑張ってくれる事に期待ですかね。

再び契約でもめている選手。

野球の中村ノリに続いて関西方面で今度はサッカーの三浦アツがチームともめている。今度のは、事実上戦力外扱いなんじゃないかと、いうイライラがあったんじゃないかと勝手に思っている。

私の知る経過では、神戸のJ2降格から復帰のストーリーの中心にいた選手が怪我で開幕に出遅れるとチームは自分抜きで予想外の健闘、自分の居場所の無いのチームが出来上がっていきつつあり、復帰の準備をしていてもサテライトリーグでも使われないという事があった。そこで、監督批判を口にした、という記事が出て騒ぎになり、チームは謹慎させ、監督に謝罪させることで復帰させようとしたが、謝罪という段になって批判してないから謝罪はしない、移籍させろ、行き先が決まるまではチームに籍は置く(契約分の給料はもらい続ける)ということを言い出したらしい。

チームも戸惑っているという話だが、経過はチームに居場所が無くなったので出て行きたいとゴネているようにしか見えない。そもそも、批判の意図で言っていないのなら、チームにそう説明し、そのような誤解した報道をされることを口にしたことを誤らなくてはならない。そのような発言が全く無かったなら、悪質な捏造報道と告発すればいい。それだけの話がここまで大きくなるのは変だ。ジーコジャパンのときは結構つらい立場に耐えていた選手なのに、どうしてこんな振る舞いをするのかな。代表チームでなら耐えられてもクラブチームではそうはいかなかったのかな。

NFLヨーロッパ

NFLがNFL Europeをやめるというニュースが出た。アメリカの外での普及のため、ということでヨーロッパでやられていて、日本人の選手も毎年参加していたが、どうも、赤字が大きすぎて耐えられなくなったらしい。

普及を掲げているものの実際はかなりの数のNFLのチームに所属する若手選手が派遣されていてマイナーリーグシステムが無いための実践経験不足になりがちな若手の控えに実戦経験を積ませる場という位置づけのほうが強い印象があった。特にドラフト下位指名、ドラフト外からのスタートしてスターになったQBが何人もこのリーグでプレーしていた。アメフトの場合他のポジションであれば疲労を避けるためにローテーションで入れ替わって実戦でプレーする機会があるのに対し、QBは怪我、大差がつくといった特別な事情が無い限り先発 QBがすべてプレーする。3番手という扱いになることがほとんどの若手の控えはプレシーズンゲーム以外で試合でプレーするチャンスはほとんど無い。実戦経験だけでなく、QBを探している他のチームに目をつけてもらおうにもアピールの場も無い状態になってしまう。それを救ってきたシステムだったともいえるのだが。あとは、アリーナフットボールという、サッカーに対するフットサルのような感じのものもあるのだが、これは別のゲームになってしまう。さて、代わりの若手育成策はあるのだろうか。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

Jubai 1-1