« ポスティング | トップページ | フィギュアスケート »

ヒンギスの復帰

女子テニス、マルチナ・ヒンギス選手が復帰を宣言したそうだ。度重なる故障を理由に引退して何年だろう。年齢的には若く全然問題ないけれど。かつて、10代で活躍して一旦引退し、復帰しようとした選手を思い出してみて、どうだろう、と考える。問題は、本人のモチベーション、引退の理由が怪我なので、その回復具合となるだろうが、彼女のプレースタイルを思い出すと、20代中盤での復帰というのはハードルが高く思える。ヒンギス選手は体格は大きくない。最近の女子の、大柄な選手のパワーショット全盛なのとは異なる。コート上を走り回り速いボールは自分の腕力で打つよりはカウンターショット気味に相手のパワーを利用して切り返すショットが得意だった。同じスタイルでプレーするなら問題はコートを走り回る脚力、スタミナ。女子の場合10代に比べたら20代になると体の変化でスピードが落ちる傾向が出る。モニカ・セレシュ選手が色々あって一旦ツアーから離れた後戻ったが、以前のような圧倒的な存在にまでは戻れなかったのはフットワークの部分だった。ただ、彼女の場合、ショットのパワーが並外れて強かったので、トップ選手の中にまで戻れたけれど。正直、ヒンギス選手が以前と同じように走り回れるようになって帰ってきたら、びっくりだ。コートカバーリングは以前のようには行かないだろう。それを補うものを見つけないと、パワーショットで押すスタイルの選手が大勢居る今のツアーで勝つのは苦しいのではないのだろうか。難しいだろうな、と思う一方で予想を裏切る何かを見せて欲しいとも思う。

« ポスティング | トップページ | フィギュアスケート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポスティング | トップページ | フィギュアスケート »

Jubai 1-1