« パリーグ・プレーオフ方式 | トップページ | Thanksgiving »

ヴェルディのJ2落ち

サッカー、ヴェルディのJ2降格が決定した。以前に降格争いするところまでチーム力が落ちたところから天皇杯に勝って今季は復活のシーズンのはずで、ワシントンという良いストライカーも補強して優勝争いを狙っていたはずが、チームの歯車が狂い出したら全く戻らず、勝てなくなってしまった。ヴェルディの低迷の根は深い。そもそもがJリーグ創設時に掲げられたリーグの理念が前身の読売クラブを「サッカー界のジャイアンツ」にしようとしていた親会社、読売の考えと相容れなかったところにある。現在のチームはJ1もJ2も、JFLでもJに上がることを目指しているチームは地元に支えられる形になっているが、ヴェルディのみ、そういう色が薄い。元々古くからユースチームを作り選手の育成から力を入れてきたチームなのだが今や、Jの各チームにそれぞれのユースチーム上がりの選手がいるような現状ではそれも特徴ではなくなってしまった。バブルの名残があった時期に始まったJリーグ選手の年俸は、はじめ実力不相応に高かった。そこから、バブルのはじけた影響で年俸を抑制して行かなければならない状態への移行に失敗して、読売系列からの資金が減らされ、一気に弱くなった印象がある。また、人気面でも、当初のホーム、川崎では常に東京をフランチャイズにすることをチラつかせたために大きな支持を受けられなかった。フロンターレとは大違い。しかも、東京に移ったものの、その時にはすでに、東京にもJチームを、と東京ガスを母体にしたチームが誕生し、チームの低迷と時期が重なったために、名前に東京が入るようになったものの「東京のチーム」として強く支持されるようになった印象は無い。このチームはどうなるのだろう。ワシントンには大きなお金を使っているはずだし、彼も降格するようなチームと聞いてやって来たはずではないはず。チーム内には個々には良い選手は何人もいる。彼らをどの程度つなぎとめられるか。これまでに、1シーズンで復帰してきたチームは大体、選手のつなぎとめに成功したことが要因となっている。またアジアチャンピオンズリーグへの出場は、日程が厳しくても出ると言っている。しかし、そのためにリーグ戦で体力面で苦戦しては元も子もない。チーム運営をする人々の戦いがこれから始まるのだろう。

« パリーグ・プレーオフ方式 | トップページ | Thanksgiving »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パリーグ・プレーオフ方式 | トップページ | Thanksgiving »

Jubai 1-1