« 本日開始。 | トップページ | NBA開幕 »

日本プロ野球のFAの印象

 日本のプロ野球のFA騒ぎが始まった。この日本のFAはシステムとして、かなりいびつで、プロ野球に悪影響しか与えていないのではないか、と思うのだが、あまり手直しされずに続いているようだ。FAとか、複数年契約とかのアメリカで始まったやり方を持ち込んだからおかしくなった、ということを言う人もプロ野球界に居るようだが、アメリカと契約のあり方から全てのシステムが違っていて、中途半端な形で日本独自のいびつな制度にして導入しているのから上手く機能してないんじゃないか?というのが私の考えだ。
 まず、もっと、選手がFA宣言しての移籍をしやすくする、チームがFA選手を採りやすくする必要があるのじゃないだろうか。年俸が高騰する、ということを懸念がいつも語られるがそれはおかしいだろう。単に選手の値段をきちんと査定できないフロントの言い訳だ。高過ぎる、と思ったら、その選手と契約しなければいいだけの話だ。妥当な値段の選手を探せば良い。だが、現実には、それができるくらいの数の選手がFA市場に出てこないから、交渉にならない。結局、むやみに値段が跳ね上がってしまう。これではFAは正常に機能しないし、ここが上手く行っていない、という印象がある。私が報道から受けている印象では、FA権を使って、ボーナス貰って同じ球団に残るか、FA宣言せずに残留、という選手がほとんどで、FA移籍する選手は年に数人、という感じだが、統計的にどうなのだろう?国内移籍には補償金などという足枷もある。宣言したところでほとんどの選手にとっては、買い手がつく見込みが立たないシステムじゃないのだろうか?これでは何のための制度かわからない。ごくわずかのFA移籍を狙う選手を、無理して高額なオファーを出したチームが取っていくだけの制度にしておいてはダメだろう。
 FAの条件を緩くするとメジャーへの大量流出を心配する声が大きいけれど、そんなに心配しなくて良いのではないだろうか。チャレンジする選手は増えるだろうけど、1,2年で帰って来る選手も増えるだろう、と思う。FAでそれなりの条件でメジャーに行き、既に年齢も30歳前後となれば、即、結果を求められる。あるいは、日本で得られる年俸より低い金額での契約からのチャレンジを強いられる。金銭、待遇、生活面、総合的に考えれば日本でのプレーを選び、一旦は挑戦しても帰って来る選手も多くなるはずだ。選手不足、ということにはならないのじゃないだろうか。また、かつての長島選手のような大カリスマが日本のプロ野球に君臨し、野球人気をリードするという図式を期待して海外流出を憂うのは勘違いじゃないだろうか。日本のトップ選手がメジャーでも通用することが証明されてしまった今、日本で成功した選手が居たとしても、メジャーに挑戦しなかったなら、その選手はカリスマたりえるだろうか?日本のトップ選手たちを、私などは、この選手はメジャーで通用するだろうか、と現実的に考え、それを見てみたい、と考えながら見るようになっている。そういう時代に、選手を日本のリーグに引き留めることは野球人気にとって必ずしも良策ではないだろう。個々のチームの営業、という小さなことを言わずに日本でトップクラスの実績を残した選手がメジャーでも活躍していくことで、次はどんな選手が日本のプロ野球から出てくるのか、という希望を演出した方が、野球が盛り上がると思うのだが。選手が出て行ったら、そのポジションは空き、そこに、また、新たなスターが誕生するチャンスができる、という、ポジティブな循環になるように努力して欲しい。難しいだろうけど、それが、プロのフロント、指導者の仕事ではないのだろうか。

« 本日開始。 | トップページ | NBA開幕 »

スポーツ」カテゴリの記事

Jubai 1-1