W杯グループリーグvsポーランド

引き分け以上で自力で決勝トーナメント行きが決まる試合。相手は予選敗退の決まっているポーランド。しかし、ランキング高く期待も高かった相手はシンプルに勝ちに来るだけで、こちらは他会場の結果を気にしながらになる難しい状況。メンバーは6人も入れ替える大博打。ともにチャンスがありながら0−0で進んで行く。ポーランドに先制される。後半他会場が0−0の間は追いつこうとしていたが、コロンビアがリードしてイエローカードを増やさなければ、という状況になると0−1負けを選ぶプレーを開始して10分以上、他会場頼みの姿勢になる。これも大博打。0−2になれば、アウトなのを避けるのはわかるが、自分でコントロールできないものに頼るなんて、ナンセンス。結局、他会場の結果に救われてトーナメント進出。変えて出したメンバーでは、武藤選手のプレーがいまいち噛み合っていない、山口蛍選手は守備は安定しているもののパスセンスの弱さをしばしば見せる。宇佐美選手も期待したほどのことができない(代表ではいつものように思えるが)。コンディション考えて2−3人変えるのはわかるが、調子のいいチームであれは、大胆すぎたと思う。策に溺れて沈みかねないことをやっていたが、完全に他力のラッキーのみ。セネガルが追いついていたらどう言い訳するつもりだったのか。

W杯グループリーグvsセネガル

お互い初戦勝ってのリーグ2戦目。早い、大きい、上手い、とかなりの難敵。1番の脅威のスピードを出させないように戦っていた。常に先手を取られる中追いついて2−2の引き分け。勝てるチャンスもあったとも思うが、負けてもおかしくない部分もあったし、よく戦って、この結果かな。しかし、本田選手は持ってるのかな、1点とって。もっと良いときのプレーを知っていると、物足りないのだが、結果を出している。この使い方が、現状良いのかも。

W杯ロシア大会グループリーグvsコロンビア

前回、負けて終わったコロンビアが、初戦の相手。フォーメーションは4231で特に変わったことはない。直前の試合の様子などから、選ばれた感じのメンバー。始まってすぐに、縦一本で作ったチャンスから、ゴールに向かうシュートに相手がハンドでPKの上に退場。PKを決めて試合を優位に。守る展開になるかと思っていたのが、10人になったために相手が引いてカウンターとセットプレー狙いに。ちょくちょく危ないところがあって、セットプレーから失点。危うい感じで後半に入るが、相手も積極的に仕掛けては来ないで、チャンスと見ると押し込もうとする感じ。日本はボールを回してチャンスを伺う、どちらかというとアジアでの戦いでよく見る展開に。後半途中から入った本田選手のCKから大迫選手の勝ち越し点。相手はそれでもそんなに無理には来なかったが、日本はかなり早い時間帯から無理にゴールに向かわずキープにかかる感じになる。ところどころ、ファウル気味に来ることが増え、ファウルとってもらえないとピンチに。それでも抑え切って勝ち。よかったけど、しかし、ここに来ても本田選手はスピードがないまま。コンディショニングしてきて、短い時間に出場でもあんな感じってのは、衰えが隠せない感じか。。。使うなら、走らなくていい一番前じゃないと他の選手にしわ寄せが行くな。。。まぁ、地力から言ったら大番狂わせ。トーナメントに行ける可能性が出て来た。その理由で解任するなら年末あたりだろ、って監督交代でゴタゴタしたものの、とにかく、1試合目、結果勝ててよかった。

日大の件

アメリカンフットボールを好きでしばしば見る程度でもあの状況の異常さはわかる。関学の強い姿勢は最初から、これは指導者の指示でやって居ることを確信してのことだろう。

一つ目の反則は、QBが投げ終わり、パスは日大守備に弾かれパス失敗に終わり、天を仰いで居るタイミング。投げた後タックルするだけで既に反則なのに、投げたタイミングから8ー10歩走り込んで突っ込んで居る。善意に見たら、普通なら明らかに気負い込みすぎで、落ち着かせるために一度下げるようなプレー。何しろ、パスを防いだのを台無しにしてるんだから。
二つ目の反則は、QBがRBにボールを渡し、守備陣全体がRBを追う中で一人明らかにボールを持っていないQBへ。QBはボールを投げるようなポーズは取っていたものの持っていないのは近くの選手には明らかで、あのポーズは最後尾を守っている選手の上がりを牽制するためのもの。全体の守備の組織の中に入っていない浮いた動きで明らかにおかしい。一人変な指示が入っているか、指示を無視しているか。こう続いたら試合始まったばかりだし、下げて落ち着かせなきゃ、試合をおかしくしたり、相手に迷惑かける(怪我人続出させる)。
三つ目は、攻撃ラインの選手に引っかかって転び、激昂して殴りかかってここで退場。アメフトで退場ってよっぽどで、そこまでいくまでに、落ち着かせるために引っ込めるのが普通なのに。

昨日の選手の会見では本人の立場での正直な思いを語っていたのに対し、今日の監督コーチは言葉を選んで、しかしコーチは歯切れの悪いものいい。監督は去年の甲子園ボウルに勝ったのが忘れ難いのか、昨年の4年生が良かったなんて話を持ち出して語るばかり。選手の気持ちを読みきれなかった指導力不足を悔いて謝罪するだけでいいのに。選手の現在の傷ついた心情を考えたら、ただ、戻って欲しい、ってその前に慮るものがあるだろうに。まぁ、そんなだからこういうことが起きるんだね。

監督コーチに最も有利な解釈すれば、力を出し切っていない選手の全力を引き出そうとパワハラまがいに追い込みすぎて、選手が暴走しているのに止めることも選手の精神状態を思いやることもできず、事態を悪化させまくった事件てとこか。まぁ、怪我させることを意図して言ったとは、そうであっても公には認められないだろうしなぁ。

cafe mimo Vol.18

前回コンサート/ライブに行ったのが去年のcafe mimoになるから、最近行かなくなってるなぁ。今回も千種文化小劇場。早くに取ったわけでもないのに、最前列だったので、どの程度埋まるかと思ったが、結構入ってました。今回はギターの後、ドラムの正面。今年はまたギターが戻って西海さん。会場についてまずは物販へ。最新のベスト盤はどうせここで売っている、と買ってなかったら今日はサイン会があった。デビュー30年ということで、そんな話を聞いていると、各曲、その曲を聴いていた時期、印象的な場面を思い出した。つゆくさでは東京新宿厚生年金会館で、アンコールの最後に袖から出てきてアカペラで歌ったのを聞いたなぁ、とか、オレンジはアメリカにいたころに聞いていたなぁ、と住んでいた部屋を思い出し、などなど。
ゲストは良原リエさんという、アコーディオンと、おもちゃの楽器を使う人でした。それに合った曲が上手く選ばれていた。でも、前回もそれ系の変わった楽器使う人だったような。
終演後は並んでCDジャケットにサインをもらい、帰ろうとしたらバスが出たばかりで、3-40分歩いて帰宅。

«男子サッカー親善試合vsウクライナ

Jubai 1-1